レーバントスタイラックス(蘇合香)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レーバントスタイラックスは小アジアが原産の、フウ属の樹木から分泌される樹液を原料とした精油。蘇合香と呼ばれることもあります。ハチミツを連想させるような甘くアンバーな香りを持ち、香りが長く続くことから香料・揮発保留剤としても用いられています。マイナーな精油であり、医学的なデータはもちろんのことアロマテラピーでもほとんど利用されていません。伝統的に呼吸器系トラブル軽減に用いられてきた、その香りからリラックス効果があると言われていますが根拠は曖昧です。手作りの芳香剤や香水作りなど「香りを楽しむ」ために利用するようにしましょう。そのほかレーバントスタイラックスについてや使用時の注意点・オススメのブレンドなどをご紹介します。

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパニッシュセージは別名ラベンダーセージとも呼ばれていますが、ラベンダー調と聞いてイメージする香りというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近い香りを持つことが特徴。また芳香関係ではスパニッシュセージをラベンダーセージと呼ぶことが多いですが、園芸植物としては花の形状がラベンダーに似ている“Salvia cv. Indigo Spires”のことを指すのが一般的のため注意が必要です。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高いことが特徴で、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として空気清浄・風邪予防にも活用されていますよ。そのほかスパニッシュセージの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

トルーバルサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クローブ・シナモン・バニラを合わせてスモークしたようなとも称される、独特かつ複雑な甘く香ばしい香りを持つトルーバルサム。日本ではマイナーな精油ですが、欧米では抗菌・抗真菌性が注目されてこともあり、石鹸などにも使われているようです。甘く陶酔感がある香りはリラックスタイムの演出やブレンド用として適していますし、瞑想用として用いられることもありますよ。また抗菌・抗真菌作用や皮膚の治癒を促す働きがあるとして皮膚軟膏やヘアケア商品の原料に使われることもありますが、感作性(アレルギー誘発性)があるため使用には注意が必要な精油でもあります。そのほかトルーバルサムについてや、精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

ダバナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

洋酒のようなフルーティーで芳醇な香りを持つダバナ。日本ではあまりポピュラーな香料植物ではありませんが、香水原料としての需要が高く、皮膚に付くことで人によって異なった芳香を放つとも言われています。ヨモギ属に分類される植物であり、原産地のインドでは伝統医学アーユルヴェーダで使われるハーブでもあります。ダバナの精油にはメンタルバランスを整える・喉の不調緩和などの効果が期待できるという説もありますが、デイリー使いよりも手作り香水などに使う方が多い精油です。特有の甘くしっとりとした香りはハマると病み付きになるとも言われていますよ。そのほかダバナについてや精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

スパイクラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクラベンダーは真正ラベンダーと同属で外見もよく似た植物ですが、その香りはカンファー系寄りでのシャープな印象であることが特徴。力強い香りや他のラベンダー類よりも強靭な植物であることから「男のラベンダー」と呼ばれることもあります。真正ラベンダーと同様に神経系の鎮静や抗うつへの働きかけが期待されるリナロールも含まれていますが、スッキリとした香りからリフレッシュ用としてよく取り入れられています。カンファーや1,8-シネオールも含むことから風邪予防や呼吸器系の不調緩和のほか、血行促進効果や鎮痛・消炎作用も期待されていますよ。そのほかスパイクラベンダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ヘムロックスプルース/ツガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本ではポピュラーとは言えないものの、スプルース系としては比較的メジャーではあるヘムロック・スプルース(ツカナダツガ)。同じ北アメリカ原産のブラックスプルースよりも明るい印象の香りが特徴とされており、アメリカを中心にルームスプレーや洗剤・石鹸などのバス用品に配合されています。成分的には酢酸ボルニルやα-ピネンが多いこともあり、香りをかぐことで緊張を和らげたり自律神経のバランスを整える手助けをしてくれると考えられていますよ。また強壮や疲労回復・冷え性・循環不全の改善・呼吸器系トラブルや風邪予防などの効果が期待されている精油でもあります。そのほかヘムロック・スプルースについて、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カラミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スッキリとしてシャープな香りを持つカラミント。ペパーミントやペニーロイヤルなどをブレンドしたような印象の香りが特徴で、植物としてはシソ科カラミント属に分類されています。好き嫌いの少ない香りで使いやすい精油ではありますが、経毒性と堕胎作用があるメントンを含むため扱いに注意が必要とされていつため、あまり一般的とは言えない精油です。ただしメントンには胆汁分泌を促進することで消化を助ける働きがあるという説もあります胸焼けや食欲不振時などにごく少量取り入れられたり、リモネンと合わせてストレス軽減やリフレッシュ用として用いられることもあります。そのほかカラミントについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link