和アロマ一覧

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒバやアスナロと呼ばれ建材の青森ヒバなどでも馴染みのある樹木を原料としたヒバ精油。「ヒノキチオール」という精油成分が低毒性かつ幅広い抗菌作用を持つことが報告され、化粧品・医薬品・食品などに添加されています。ご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれますし、フレッシュな樹木の香りでリラックス効果も期待

カヤ(榧)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

榧(カヤ)の精油は柑橘系のスッキリとした香りを持ち、持続性が比較的長いことが特徴です。リモネンが主成分でα-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果が期待されているほか、さっぱりとした香りでリフレッシュや空間演出にも役立つでしょう。成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも効果が期待

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

薄荷(ハッカ)としてお菓子などでもお馴染みのコーンミント。クールミントと呼ばれるようにミント類の中でも特にスッキリと清涼感が強い香りが特徴で、近年はヒンヤリとした冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されています。体臭対策・防虫剤など夏場に嬉しい作用が多いほか、シャープな香りですがリフレッシュだけではなく鎮静作用も

カボス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柚子・酢橘と並び日本を代表する柑橘類と言える香母酢(カボス)。精油の製造が行われたのはごく最近のためロマテラピーでの使用実績が少なく、作用などはハッキリと定められていませんが、リモネンを豊富に含むことからリラックス効果や血行促進・消化機能促進などに役立つと考えられています。上品で爽やかな、どことなく懐かしい香り

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香味野菜や香辛料、着色料として和食を支える存在でもある紫蘇(シソ)。日本を代表する和精油・国産アロマの1つとして注目される精油はリモネンを含むことから精神安定やリラックス効果が期待されています。またシソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液の分泌を促進し食欲を出させる働きがあり、リモネンと相乗して胃腸機能向上

黒文字/クロモジ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本に広く分布し、古くから爪楊枝の材料としても重用されてきた黒文字(クロモジ)。小枝や葉を折ると香気を放つことから「疲れを癒す木」としても親しまれてきた存在で、黒文字油も明治から製造されていました。ローズウッドに似た甘みのあるウッディーな香りが特徴ですが、採油率が非常に低いため高価で貴重な和精油の一つ。成分としてはリナロールが主成分でありゲラニオールなども含まれているため、気持ちを落ち着けたり心のバランスを取るサポートとしても優れていると考えられています。そのほか血行を促進し体を温めると考えられることから冷え性・肩こり・腰痛・神経痛・関節痛などに対しても効果が期待されているクロモジ精油について、使用時の注意点などをご紹介します。

柚子/ユズ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柚子は日本人との関わりが深い柑橘類で、古くは邪気を払う果物と考えられていました。現在も冬至に柚子湯に入る風習が残っていますね。和精油の一つであるユズ精油は、好き嫌いが少なくTPOを選ばすに香らせられる存在。成分としてもリモネンの含有量が高く、鎮静作用を持つシトラールや森林浴・強壮効果があるα-ピネンなども含まれているためリラックスや精神安定に役立つと考えられています。また血行促進を持つとされる成分の含有が多く、冷え性の軽減や風邪予防・ケアなどに、ほっと安らぐ爽やかな香りと体を温めてくれる働きが期待できることからバスオイルとしても用いられています。そのほか柚子精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link