和アロマ一覧

モミ(トドマツ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年“和精油”の一つとして注目されているモミ精油。モミは狭義で学名Abies firmaを指しますが、精油として流通しているのは北海道に分布しているトドマツを原料としたものが多くなっています。トドマツ精油は軽いカンファー感のある爽やかな森の香りで、ボルニルアセテート(酢酸ボルニル)・α-ピネン・リモネンなどが含まれているためリラックスや安眠サポートにも役立つと考えられていますよ。また抗菌作用を持つ成分を多く含むため風邪やインフルエンザなどの感染症予防に、抗炎症作用を持つカンフェンを含むことから呼吸器系の不調軽減にも効果が期待されています。そのほかモミ(トドマツ)精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バ精油は建材の青森ヒバなどでも馴染みのある、ヒノキ科アスナロ属樹木を原料とした和の精油。近年は「ヒノキチオール」という精油成分に幅広い抗菌作用があること・毒性が低いことが報告されたことで、食品や化粧品などにも添加されています。お部屋の空気や水回りの環境を清潔に整える働きが期待できますし、昆虫忌避作用も認められていますのでご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれるでしょう。カビが気になる時期にもオススメです。檜に似たフレッシュな印象がある森林系の香りはTOPを選ばすに使用しやすく、心の緊張や疲労を軽減する働きも期待されていますよ。そのほかヒバ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カヤ(榧)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年和アロマの一つとして注目される榧(カヤ)の精油。木部ではなく果実から抽出されているため柑橘系のスッキリとした香りで、かつ持続性が比較的長いことが特徴です。主成分も柑橘系精油に多く見られるリモネンで、α-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果などメンタル面のサポートにも役立つのではないかと考えられています。爽やかな香りはリフレッシュやルームフレグランスとして空間演出にも役立ちますし、抗菌作用を保つ成分が多いため空気浄化にも繋がるでしょう。また成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも期待出来るという説もありますよ。そのほかカヤ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カボス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カボス(香母酢)は柚子・酢橘と並んで日本を代表する香酸柑橘類の一つで、スダチよりもやややや丸みのあるフルーティーな印象が特徴。爽やかでありながら上品な香りから和精油・和アロマとして少しずつ流通していますが、精油としての歴史は浅くアロマテラピーでの使用実績も少ないため、作用などは認められていません。成分的に見てリモネンを豊富に含むことからリラックスや消化機能サポートに役立つと考えられています。そのほかアボス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

紫蘇(シソ)は香味野菜や着色料として和食を支える、日本を代表するハーブの一つ。和精油・国産アロマの1つとしても注目されており、シソそのものに近い香りが楽しめます。精油成分としてもリモネンを含むことからリラックス効果が期待されているほか、シソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液分泌を促す働きをもつ可能性も報告されていますよ。共に抗菌作用を持つ成分でもあるので風邪予防にも役立ってくれるでしょう。そのほかシソ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

黒文字/クロモジ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本に広く分布し、古くから爪楊枝の材料としても重用されてきた黒文字(クロモジ)。小枝や葉を折ると香気を放つことから「疲れを癒す木」としても親しまれてきた存在で、黒文字油も明治から製造されていました。ローズウッドに似た甘みのあるウッディーな香りが特徴ですが、採油率が非常に低いため高価で貴重な和精油の一つ。成分としてはリナロールが主成分でありゲラニオールなども含まれているため、気持ちを落ち着けたり心のバランスを取るサポートとしても優れていると考えられています。そのほか血行を促進し体を温めると考えられることから冷え性・肩こり・腰痛・神経痛・関節痛などに対しても効果が期待されているクロモジ精油について、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link