リラックス一覧

シルバーファー/ヨーロッパモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

森の爽やかさと温かみのあるバルサム感を含む、落ち着いた印象の香りを持つシルバーファー。リフレッシュやリラックス・神経強壮などメンタル面のサポートに優れた存在とされている他、抗菌・抗ウィルス・去痰・鎮咳作用などもあるため風邪やインフルエンザ予防、呼吸器系の不調緩和などにも利用されています。ルームフレグランスを兼ねた消臭剤や防虫剤代わりとして使うのもおすすめです、そのほかシルバーファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します

タナセタム/ブルータンジー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タナセタムの精油はハーバル感の中にフルーティーさを含んだ、濃厚な香り。またブルータンジーと呼ばれるようにインクのような青色をしており、カモミール・ジャーマン同様に精油成分「カマズレン」を含むことからスキンケア用精油としても注目されています。アトピー性皮膚炎症や花粉症・喘息などへの緩和効果が期待されていますし、香りはリラックス・リフレッシュにも繋がる可能性がありますよ。そのほかタナセタム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アミリス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アミリス精油は甘くウッディな香りが特徴。サンダルウッド(白檀)と似た香り・効果を持つと称され、ウェスト・インディアン・サンダルウッドとも呼ばれます。原料となるのは中南米原産のミカン科樹木で、白檀よりも焦げたような香ばしい香りがあります。またサンダルウッドほど強い鎮静作用はないとされているため、リラックス用・気分が沈んている時に利用されることもあります。そのほかアミリス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

クベブ/キュベブ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クベブ(キュベブ)はブラックペッパーと近縁種にあたるコショウ科で、精油はスパイシーさを含むビターな香りが特徴。クールな芳香から香水原料としても利用されますし、インド伝統医療アーユルヴェーダでは口腔・呼吸器ケアに良い生薬ともされています。精油も呼吸器系や消化器系のサポートに取り入れられることがありますし、精油成分の働きから風邪予防としても効果が期待されていますよ。そのほかクベブ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

マヌカ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年マヌカの花から作られる蜂蜜“マヌカハニー”がスーパーフードの1つとして知られていますが、マヌカの精油も近年抗菌・抗ウィルス作用に優れた効果が報告され注目されています。ティーツリーと似た作用を持ちますが、香りは甘さがあり主成分がプトスペルモン。風邪・インフルエンザ予防や花粉症などのアレルギー対策、皮膚トラブル

オークモス・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

楢の木に着生する地衣類から採油されたオークモス・アブソリュート。大自然を髣髴とさせる複雑な香りでシプレ調香水のベースとして欠かせない存在とも言われ、高級香水原料として利用されています。自作香水・芳香剤への使用がメインですが、鎮静・リラックス効果や去痰作用・殺菌消毒作用による呼吸器系の不調緩和などにも効果が期待

オールスパイスの精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オールスパイスはナツメグ・シナモン・クローブの3つのスパイスの香りが含まれていることが名前の由来で、複雑でニュアンス感に満ちた香りから男性用・ユニセックス香水としても利用されています。オイゲノールの働きによる抗菌・抗ウイルス作用や、血液循環を改善して体を温める働きなどが期待できますし、消化器系への働きかけや鎮痛

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つでキリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」としてもよく知られています。香りは重く個性的なため好き嫌いが別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神安定(鎮静)・精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待されています。血行促進や月経リズム

Sponsored Link