リラックス一覧

レーバントスタイラックス(蘇合香)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レーバントスタイラックスは小アジアが原産の、フウ属の樹木から分泌される樹液を原料とした精油。蘇合香と呼ばれることもあります。ハチミツを連想させるような甘くアンバーな香りを持ち、香りが長く続くことから香料・揮発保留剤としても用いられています。マイナーな精油であり、医学的なデータはもちろんのことアロマテラピーでもほとんど利用されていません。伝統的に呼吸器系トラブル軽減に用いられてきた、その香りからリラックス効果があると言われていますが根拠は曖昧です。手作りの芳香剤や香水作りなど「香りを楽しむ」ために利用するようにしましょう。そのほかレーバントスタイラックスについてや使用時の注意点・オススメのブレンドなどをご紹介します。

トルーバルサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クローブ・シナモン・バニラを合わせてスモークしたようなとも称される、独特かつ複雑な甘く香ばしい香りを持つトルーバルサム。日本ではマイナーな精油ですが、欧米では抗菌・抗真菌性が注目されてこともあり、石鹸などにも使われているようです。甘く陶酔感がある香りはリラックスタイムの演出やブレンド用として適していますし、瞑想用として用いられることもありますよ。また抗菌・抗真菌作用や皮膚の治癒を促す働きがあるとして皮膚軟膏やヘアケア商品の原料に使われることもありますが、感作性(アレルギー誘発性)があるため使用には注意が必要な精油でもあります。そのほかトルーバルサムについてや、精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

カラミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スッキリとしてシャープな香りを持つカラミント。ペパーミントやペニーロイヤルなどをブレンドしたような印象の香りが特徴で、植物としてはシソ科カラミント属に分類されています。好き嫌いの少ない香りで使いやすい精油ではありますが、経毒性と堕胎作用があるメントンを含むため扱いに注意が必要とされていつため、あまり一般的とは言えない精油です。ただしメントンには胆汁分泌を促進することで消化を助ける働きがあるという説もあります胸焼けや食欲不振時などにごく少量取り入れられたり、リモネンと合わせてストレス軽減やリフレッシュ用として用いられることもあります。そのほかカラミントについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンブレットは熱帯アジアが原産のアオイ科植物で、ムスクシードとも呼ばれるように麝香(ムスク)に似た香りを持つ種子を付けることが特徴。原産地であるアジアではスパイスとしても利用されてきた植物の一つであり、近年は植物性のムスク様香料として動物保護観点からも注目されています。抽出される精油はアロマテラピーにというよりは香水・食品香料としての利用が主体ですが、甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあるとも言われていますよ。また女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用が見られたという報告もあるため、女性の美と健康サポートにも期待されています。そのほかアンブレットシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

バルサムファー/カナディアンファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産のバルサムモミ(カナディアンファー)を原料とするバルサムファー。バルサムと付きますが精油の抽出部位は枝葉で、やや甘みのあるライトな香りが特徴。清々しい森の香りでリラックス・リフレッシュタイムを演出してくれますし、ピネン類を含むため免疫力向上や抗菌作用による風邪予防や、血液・リンパ液の循環を改善する働きから冷え性やむくみの緩和にも役立つと考えられていますよ。そのほかバルサムファーやファー(モミ)の木の種類について、精油に期待される作用や注意点などをご紹介します。

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサムコパイバは南米・熱帯地域に自生する樹木。南アメリカで生活していたインディオ達は古くから貴重な薬用植物として木の中心部にある樹液を利用しており、「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」とも呼ばています。コパイバの樹脂を原料とした精油は甘めのウッディーさに、胡椒のようなスパーシーさを含む香りが特徴。主成分であるカリオフィレンには抗炎症作用を持つ可能性も報告されていますよ。そのほかコパイバについてや、精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックスプルース精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)という、マツ科トウヒ属の植物。精油としてはマイナーなものの、近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制や、副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ケアに対する有効性が報じられたことから一部で注目されています。香りは樹木系と言うよりも“森”という力強さがあり、複雑かつ濃密な香りのため好き嫌いが別れるところ。そのほかブラックスプルースについてや、その精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用を持つとされる1.8-シネオールが多く含まれており、リラックスとしてのほか風邪予防にも役立つと考えられています。そのほかロザリーナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link