だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

「 フローラル系 」 一覧

ミモザアカシア

ミモザ・アブソリュート
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

万人受けするグリーンさを含んだ上品なフローラル調の香りを持つミモザ・アブソリュート。少量しか採油できないため高価ですし粘度も高いことからアロマとして利用される少ないですが、高級香水やフレグランススプレー原料として人気があります。リラックス・抗鬱作用が期待できますし、香りの継続時間も長いのでごく少量をベースとして

セントジョーンズワート/セイヨウオトギリソウ

セントジョーンズワート精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

抗鬱作用が期待できるとしてハーブティーやサプリメントでよく利用されるセントジョーンズワート。精油(エッセンシャルオイル)は流通量が少なく高価たなめかなりマニアックな部類に属しますが、深みのあるハーバルな香りで、リフレッシュ・リラックス効果が期待できます。PMSや更年期障害など女性特有のイライラや落ち込み緩和にも

バイオレット(ニオイスミレ)

バイオレット/スミレのアロマ(精油):効果効能紹介

バイオレット(ニオイスミレ)は西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持ちます。アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ないですが、その香りは鎮静作用が強く気持ちを落ち着ける・ストレスや不眠の解消に有効とされています。鎮静・鎮痛作用からストレス性の体の不調全般

チュベローズ/月下香のアロマ(精油):効果効能紹介

甘く清楚なホワイトフローラル系の香りを持つチュベローズ。月下香や晩香玉という名前でも知られています。精油はアロマ・芳香浴に用いるより高級香水原料としての利用が主ですが、その陶酔感ある香りにはストレスやネガティブな感情を和らげる・血液循環を良くして体を温める・ストレス性の不調や免疫力低下改善などに効果

イリス/アイリス(Iris)

イリス/アイリスのアロマ(精油):効果効能紹介

イリス/アイリスはフローラルな香りを持ちますが、オリスルートと呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根から採油されます。製造に手間と時間がかかり、貴重で高値な精油です。アロマテラピーでは一般的に利用されませんが、スミレに似た温かみのある香りには心を落ち着ける効果があるとされ、またイリス抽出物には抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える

ヘリクリサム/イモーテルのアロマ(精油):効果効能紹介

マイナスの感情や記憶から心を開放したいときに 代表的な効果 【心】トラウマや恐怖の緩和、抗うつ 【体】呼吸器系(特に喉)の不調に 【他】皮膚炎症、老化肌のケ …

ローズオットー(Rose otto)

ローズ・オットーのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズ・オットーは精神への鎮静効果が高く、肉体面には免疫調整作用や強脾・強肝作用などがるとされ花粉症対策にも効果が期待させています。女性ホルモン調整作用もあり、PMS、更年期障害、月経不順などにも用いられます。水蒸気蒸留のためスキンケア用としても安心感があり、肌タイプを選ばずベストな状態に整えてくれる

ローズアブソリュート(Rose Absolute)

ローズ・アブソリュートのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズアブソリュートは鎮静・高揚の両作用があり精神面への働きに優れていることから、心を癒す精油としてアロマテラピーでも用いられます。厳密に言えば精油ではありませんが、溶剤抽出法のため香りは濃厚で催淫や記憶力向上にも効果が期待。ホルモンバランスの調整作用や子宮の強壮作用など、女性領域でも支持を得ている