呼吸器系

9/9ページ

パインニードル/スコッチパイン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バインニードルは松の針葉、精油はスコッチ・パインから抽出したものが一般的に使われます。ドライな印象のある森の香り。α-ピネンやリモネンの含有が多めで、風邪予防や呼吸器系トラブルの軽減に、また刺激作用や強壮作用から心をサポートする働きも期待されています。近年は優れた抗炎症作用を持つ

月桃(ゲットウ)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

月桃は沖縄県ではサンニンとも呼ばれるショウガ科植物。精油はスパイシーさのあるグリーンな香りで、成分としてはテルピネン4オールや1,8-シネオールが多く含まれていることが特徴。抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が期待できる精油として風邪予防や花粉症対策に注目されるほか、敏感肌やエイジングケア

バジル・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

食材としてもお馴染みのスイートバジル。バジル・リナロールはスイートバジルを原料とする精油のうちリナロールを多く含むケモタイプ精油。リナロールは鎮静・抗不安作用が期待出来ることからメンタルサポートに効果が期待されいますし、1,8-シネオールなど抗菌・抗ウィルス作用を持つ成分が多い

プチグレン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

【アロマ】ラバンジン(ラバンディン)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。力強くシャープ香りはカンファーによる所が大きく、鎮痛作用によって筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待されています。安価なラベンダー風香料と考えられた時期もありますが、近年は

【アロマ】ペパーミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待されています。風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますし、消化器系のサポートにも使われますよ。メントールには鎮痛作用

【アロマ】ティーツリー(ティートリー)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ティートリー精油は薬箱のような清涼感のある香りが特徴で、テルピネン-4-オールや1.8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス作用を持つ成分を多く含んでいます。風邪やインフルエンザ予防、花粉症対策にも役立つ精油として注目され、局所的にであれば原液塗布が可能なこともありニキビや水虫など皮膚

1 9