感染症予防一覧

タラゴン/エストラゴンのアロマ(精油):効果効能紹介

フランス語の「エストラゴン」の名で料理用ハーブとして知られているタラゴン。通経作用や生殖器系の強壮作用を持ち、無月経・生理不順・生理痛・PMSなどの改善に役立つ女性に適した精油とも言われています。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策など

シトロネラのアロマ(精油):効果効能紹介

レモンの爽やかさとグリーンさを合わせた香りを持つシトロネラはイネ科の植物でパルマローザやレモングラスと近縁種。昆虫忌避作用や消臭作用に優れていることから虫除けスプレー・防臭剤・消臭剤・デオドラントスプレーなど幅広く利用されています。そのほか免疫力向上・抗菌作用による風邪予防、リフレッシュ、鎮痛などに

エレミのアロマ(精油):効果効能紹介

フランキンセンスよりも更に柑橘系寄りな爽やかな香りを持つエレミ。穏やかな気持ちに導くとともに集中力を高めてくれるので瞑想時の香りとしても用いられています。ネガティブ思考の緩和に役立ってくれるでしょう。免疫力向上・抗菌・抗ウィルス作用から風邪などの感染症の予防に、癒傷・瘢痕形成作用などから皮膚トラブル

ミルラ/没薬のアロマ(精油):効果効能紹介

ミルラは古代文明で広く使用されてきた世界で歴史ある薫香のひとつで、没薬とも呼ばれています。鎮静作用と高揚作用を持ち合わせており精神状態を整え心を癒す働きがあるとされ、肉体面に関しても消化器系の不調の緩和や風邪などの感染症の予防・ケアに役立つと考えられています。肌に対しても多くの作用があるされており、かゆみや炎症の緩和・皮膚の保護・シワなどを薄くするなどの働きが期待出来ます。

フランキンセンス/乳香精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イエス・キリスト誕生時に東方三博士が黄金、ミルラ(没薬)とともに捧げたと伝えられるフランキンセンス(乳香)。微かにレモンのような爽やかさを持つ神秘的な香りは鎮静効果に優れていることから古来より瞑想にも利用されてきました。また呼吸器粘膜の鎮静作用に優れているほか、近年は肌のアンチエイジングに適した精油

レモンバーベナのアロマ(精油):効果効能紹介

「レモンの香り」香料として用いられることの多いレモンバーベナは柑橘系に似た甘みのある香りが特徴です。鎮静作用から副交感神経を活発化させ、ストレス症状の緩和や精神・神経疲労の回復に役立つほか、リフレッシュ・高揚作用、血液やリンパ循環促進から冷えやむくみの解消、消化器系補助、風邪などの感染症予防と幅広く

ベチバーのアロマ(精油):効果効能紹介

ベチバーの精油は安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があり、緊張やストレスで張り詰めた精神や、傷ついた心を癒すことに優れています。心と体両方への強壮作用があり、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きが沢山ありますし、免疫強化にも役立ちます。めまいや疲労感などだるさ

パインニードル/スコッチパインのアロマ(精油):効果効能紹介

フレッシュでドライな森の香りを持つスコッチパイン(パイン・ニードル)の精油は、刺激作用や強壮作用があり疲れた心を強くしてくれると言われ・作用や去痰作用があり呼吸器全般の不調緩和に有効なほか、血行促進・うっ滞除去作用から冷え性の緩和や肩こり・リウマチ・神経痛の緩和などにも用いられています。空気清浄用と

Sponsored Link