感染症予防一覧

ローレル/月桂樹のアロマ(精油):効果効能紹介

ベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれるローレル。料理用ハーブとしても用いられており、やや甘みのあるスパイシーな香りを持ちます。精神面へは優れた鎮静作用があり気持ちを落ち着かせ、自分に自信を持たせてくれます。肉体面に対しては消化器系へのサポートに優れているほか、抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用

シナモンリーフのアロマ(精油):効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香でスパイスの王様とも呼ばれるシナモン。生薬「桂皮/肉桂」として冷え性改善や消化機能向上など用いられており、精油も同様に冷えによる消化器系の不調・関節痛の緩和などに用いられます。また消毒作用、抗感染・抗ウイルス作用から感染症予防に、刺激・高揚作用から気持ちを明るくしたいときや集中力

ナツメグのアロマ(精油):効果効能紹介

アーユルヴェーダや漢方で生薬としても用いられているナツメグ。甘さをもちムスク感のある香りは胃腸への働きかけに優れており、便秘や腹部膨満感緩和にも用いられます。体を温める働きがあるほか女性ホルモン(エストロゲン)様作用があるため女性の不調にも効果が期待。精神面には刺激作用があり、リフレッシュや神経疲労

クローブバッドのアロマ(精油):効果効能紹介

クローブの花(蕾)から採油された、甘さと苦味の混じった香りを持つクローブバット精油は体を温める働きや優れた抗菌・抗ウイルス作用から風邪などの感染症予防に有効です。精神面へは刺激・高揚作用があり集中力アップや明るく元気な気分になりたい時にも適しています。頭痛・歯痛・生理痛など痛みの緩和、冷え性・低血圧

ブラックペッパーのアロマ(精油):効果効能紹介

テーブルスパイスとして日本でも身近な存在ブラックペッパー(黒胡椒)。「温める」ということに優れた働きを持つ精油で、疲れきった心を温めたり、末梢血管に血液を送って末端冷え性の改善にも有効です。ドライでシャープな香りは心を刺激しやる気を高めたり神経強壮に役立つほか、消化機能サポート、風邪やインフルエンザ

パルマローザのアロマ(精油):効果効能紹介

レモングラスやシトロネラの近縁種ですが、名前のとおりフローラルな香りを持つパルマローザ。鎮静作用と高揚作用を併せ持っており、精神安定に高い効果が期待出来ます。強壮作用もありますからストレス対策にピッタリです。また鎮痛作用、内分泌系・リンパの活性化、免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などによる感染症予防

タイム・リナロールのアロマ(精油):効果効能紹介

タイム・リナロールはタイム精油の中では作用が穏やかで敏感肌の方・お子様も利用できます。リナロールの含有率が高いため鎮静・抗不安作用に優れており、精神安定や神経疲労回復に役立ちます。また抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上による風邪・インフルエンザ予防効果や、消化促進作用による便秘や下痢の改善にも

コモンタイムのアロマ(精油):効果効能紹介

タイムには多くのケモタイプ精油がありますが、単に「タイム」と言われた場合はコモンタイムを指し、刺激性の問題からホワイトタイムを用いるのが主流です。神経強壮や脳細胞活性作用があるとされ、活力や集中力を高めるため仕事中など活動時の香りとして用いられます。そのほか血行促進・貧血改善・感染症予防・健胃・食欲

Sponsored Link