感染症予防

13/13ページ

【アロマ】ペパーミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待されています。風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますし、消化器系のサポートにも使われますよ。メントールには鎮痛作用

【アロマ】ティーツリー(ティートリー)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ティートリー精油は薬箱のような清涼感のある香りが特徴で、テルピネン-4-オールや1.8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス作用を持つ成分を多く含んでいます。風邪やインフルエンザ予防、花粉症対策にも役立つ精油として注目され、局所的にであれば原液塗布が可能なこともありニキビや水虫など皮膚

【アロマ】カモミール・ジャーマン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

カモミールジャーマンはローマンと比較すると薬草のような苦さがあり、香りとしては好き嫌いが分かれる精油。アズレンブルーとも呼ばれるインクのような青色をしていることが特徴で、色の元となっているアズレン誘導体(カマズレン)には抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症・鎮掻痒・皮膚組織再生促進

【アロマ】ライム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系特有のサッパリ感と、大人っぽいビター感を併せ持ったライム精油。系統問わずにブレンドしやすい精油でもあります。芳香成分としてはリモネンが主で、リラックス効果や胃腸機能のサポートが期待されています。そのほか抗炎症作用や抗酸化作用を期待してのスキンケアなど、ライム精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】レモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

爽やかな香りと強烈な酸味が特徵の柑橘類、レモン。精油は果物よりもマイルドでクリアな印象の香りで、芳香成分の主成分はリモネン。欧米では抗菌・消毒薬感覚で用いられてきた歴史もあり、現在でも風邪予防やお掃除用精油として活用されています。爽やかな香りは気持ちをリラックスさせてくれるほか、集中力ややる気を高める手助けをしてくれる可能性があることも注目されています。そのほかレモン精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】オレンジスイート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

果物そのままの、甘酸っぱい香りを楽しめるオレンジスイートの精油。刺激性が低く妊娠中の方やお子さんにも利用できることから、ラベンダーと並んで高い人気を誇る精油です。芳香成分としてはリモネンの含有率が高く、ネガティブさや神経の緊張を緩和したり、胃腸機能を整える手助けも期待されています。そのほかオレンジ系精油の種類と特徴、オレンジスイート精油に含まれる成分やメリット、皮膚刺激や光毒性についてなど使用時の注意点もご紹介します。

【アロマ】ラベンダー精油(真正ラベンダー)
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ロマテラピーとも関わりの深いラベンダー。単にラベンダーと言った場合には真正ラベンダー(Lavandula offinalis)を指すのが一般的です。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含み、気持ちを落ち着けてリラックスさせたり、眠りのサポーターとしても使用されています。肌を整える成分としてスキンケア

【アロマ】アンジェリカルート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アンジェリカはヨーロッパ伝統医療で古くから用いられてきたセリ科のハーブで、精油は精神面の不調軽減に優れた存在と考えられ「不安と力の精油」とも称されいます。自律神経・女性ホルモンのバランスを整える作用が期待できることに加え、加温作用・利尿作用など女性のサポートに

1 13