感染症予防一覧

ペパーミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待できるほか、心を冷静にしてイライラや興奮を鎮める働きもあると考えられています。肉体面に関しては健胃作用など消化器系への働きかけに優れた精油とされていますし、風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますね。メントールには鎮痛作用があることから頭痛や偏頭痛・筋肉痛など様々な痛みの軽減に、また冷感作用という皮膚につくと冷たく感じる働きがあることから、エコな暑さ対策としても注目されていますよ。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ティーツリー(ティートリー)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ニキビケアやデオドラント商品などにも使われているティートリー。オーストラリア原産のフトモモ科樹木で、アボリジニは薬として用いていたとも言われています。精油は薬箱のような清涼感のある香りで、テルピネン-4-オールや1.8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス作用を持つ成分を多く含むことが特徴。免疫力向上作用も期待できるため風邪・インフルエンザ対策として活用されていますし、局所的にであれば原液のままでも使えるという性質からニキビ・傷・水虫・真菌性皮膚炎などあらゆる皮膚トラブルのケアにも活用されています。そのほかリフレッシュ効果や花粉症対策・デオドラント(消臭)効果などティートリーオイルに期待されている働き、使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ジャーマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールの精油は苦さ・薬草感があるため、香りとしては好き嫌いが分かれる存在。オイルがカモミール・ブルーやアズレンブルーとも呼ばれるインクのような青色をしていることが特徴で、色の元となっているカマズレンは皮膚トラブルやアレルギー症状に効果が期待されています。このため“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、スキンケア用として需要が高い精油の一つとなっています。炎症や痒みを抑える・治癒を促進する働きがあるとされることから、皮膚炎症・湿疹などの肌トラブルケアにも活用されていますよ。そのほか鎮静作用や安眠効果などカモミール・ジャーマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ライム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柑橘系特有の爽やか差の中に、ややビターさの加わったライムの香り。精油も同様にレモンやオレンジよりもやや大人っぽい印象のある香りで、ブレンド用としても重宝するオイルのひとつとなっています。精油成分としてはリモネン含有量が高いためリラックスを促してくれると考えられていますし、リフレッシュ・集中力アップ・気持ちを明るくするなどの働きも期待されていますよ。リモネンは胃腸機能への働きかけが高いとも考えられているため食欲不振や胸焼けなどの軽減に、またγ-テルピネンとα-テルピネオールなどと合わせて感染症予防や風邪・呼吸器系トラブル予防にも用いられています。そのほかライム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

レモン(檸檬)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンは強烈な酸味と爽やかな香りが印象的な香酸柑橘類ですが、レモン精油は酸味感が無くスッキリと爽やかな香りをしています。オレンジと共に好き嫌いが少ない香りの一つにも数えられていますよ。精油成分としてはリモネンやシトラールなどが含まれており、リモネンが多いため消化器系の不調や風邪予防にも取り入れられています。レモンは古くから消毒・感染症対策に用いられ、フランスの医師ジャン・パルネ博士による精油や芳香の薬理作用の研究にも一役買ったのだとか。また頭をクリアにするリフレッシュ効果、血行促進作用から冷え性やむくみの改善・セルライトケアにも効果が期待されているレモン精油について、ベルガモテンによる光毒性の問題など注意点も合わせてご紹介します。

オレンジ・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

果物でもお馴染みの、甘酸っぱくジューシーなオレンジの香りを楽しめるオレンジスイートの精油。柑橘系精油の中でも特に好き嫌いが少なく、お子様にも利用できることから、精油の中でもラベンダーと並んで高い人気を誇っています。精油成分の大半はリモネンであり、リラックスしたい時や安眠のサポートに優れた存在と考えられています。またリモネンには消化器系の活動を促す働きがあるとされていますし、抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザなど感染症予防・血行促進作用から冷え性軽減などにも効果が期待されています。そのほかスキンケアやヘアケアにも用いられるオレンジスイート精油に期待される作用や、皮膚刺激や光毒性など使用時の注意点もご紹介します。

真正ラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとしても定番であり、アロマテラピーが出来るきっかけになったとも言われるラベンダー。近縁種にはスパイクラベンダーやラバンジンなどもありますが、ハーブとしては真正ラベンダー(Lavandula offinalis)が最も広く用いられています。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含むため、鎮静作用や抗不安・抗うつ作用が期待されています。優れたリラックス効果から安眠サポートとしても用いらるほか、肌を柔らかく潤いある状態へ整えるエモリエント成分としてスキンケアにも取り入れられています。そのほか鎮痛・消化器促進・抗炎症作用・殺菌・免疫力強化など真正ラベンダー精油に期待される働きや、ハーブの紹介・オススメのブレンドについても紹介します。

アンジェリカルート/アンジェリカシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンジェリカはヨーロッパで古くから用いられてきたセリ科ハーブで、日本では西洋当帰(ヨーロッパ当帰)とも呼ばれています。現在でもハーブティーなど様々な形で用いられていますが、精油の場合は「不安と力の精油」とも称され精神面の不調を緩和・解決に優れた存在と考えられています。ルートオイルはやや土っぽい香りですがストレスケアとして広く用いられており、自律神経のバランスを整える働きが期待されるため消化器系など肉体面の不調にも利用されています。そのほか女性ホルモンのバランスを整える作用や加温作用・利尿作用などから“女性の為の朝鮮人参”とも称されているアンジェリカとその精油について、期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link