イライラ一覧

カルダモン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本ではガラムマサラやカレーなどインド料理に使うスパイスというイメージの強いカルダモン。ユーカリとレモンを合わせたような清涼感をベースに甘さ・苦さ・渋さ・カンファーが入り混じった芳醇で複雑な芳香を持つため「高貴な香り」と称されています。精油成分としては神経バランス調整作用があるとされる酢酸テルピニルや鎮静効果を持つ酢酸リナリルなどを含むことが特徴で、気持ちのバランスを整えてくれる・頭脳を刺激し頭をスッキリとさせるとも言われています。加温作用(体を温める作用)や利尿作用があるとも言われていますし、抗菌作用を持つ成分も多いので風邪予防にも役立ってくれるでしょう。そのほかカルダモンに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・アブソリュートは厳密には精油ではないと避けられることもありますが、水蒸気蒸留では取り出せないデリケートな成分も抽出されているため陶酔感をもたらすような濃密な香りを持っています。この方向は鎮静・高揚の両作用によって精神面のサポートにも優れていると考えられ「心を癒やす精油」とも称されるほど。そのほか催淫作用や記憶力向上、ホルモンバランスの調整による女性領域での不調軽減などローズ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ペパーミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待できるほか、心を冷静にしてイライラや興奮を鎮める働きもあると考えられています。肉体面に関しては健胃作用など消化器系への働きかけに優れた精油とされていますし、風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますね。メントールには鎮痛作用があることから頭痛や偏頭痛・筋肉痛など様々な痛みの軽減に、また冷感作用という皮膚につくと冷たく感じる働きがあることから、エコな暑さ対策としても注目されていますよ。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ジャスミン・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香水や芳香剤など日本でもお馴染みのジャスミンの香り。精油と言われているものは一般的にアブソリュートですが、濃厚でエキゾチックな花の香りには脳内麻薬と呼ばれるエンファリン・快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌活性化などの働きが期待されています。GABAの分泌促進効果なども報告されており、ストレス対策など精神面のケアに役立つと考えられていますよ。また古くから「子宮のハーブ」と呼ばれている通り子宮強壮・ホルモンバランス調整作用も期待され、PMS(月経前症候群)や更年期障害など女性領域での不調軽減にも取り入れられています。そのほか肌への使用などでジャスミン・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link