イライラ一覧

バレリアン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑えて、眠りに導いてくれるハーブとして用いられていた歴史があり、古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。ハーブやサプリメントと比べるとバレリアン精油というのはマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポートに役立つと考えられています。そのほか睡眠サポートなどバレリアン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・シトリオドラはレモンユーカリという別名のとおり、レモンに似た甘酸っぱさがあるハーブ系の香りが特徴の精油。ユーカリよりもレモングラスなどに近い印象で、成分としてもシトロネラールやシトロネロールが多く含まれています。このためユーカリ系の精油の中では珍しく鎮静・リラックス効果が期待されている精油でもあり、気持ちを落ち着けることが得意と考えられています。また抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用が高いとされていますから、風邪予防や空気清浄用としても役立ってくれるでしょう。昆虫忌避性が高く、好き嫌いのない香りのため虫除けスプレーなどの用途でも人気があります。そのほかユーカリ・シトリオドラに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

マートル/銀梅花精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

マートルは地中海沿岸地域が原産の、ティートリーやユーカリなどと同じフトモモ科の樹木です。古代ギリシアやローマでは愛の女神に捧げる花だったとも言われており、現在でも「愛・純潔」を表すとして花嫁のブーケや髪飾りに使われています。精油はユーカリに似た爽やかさをベースに甘酸っぱさを含んだマイルドな香りで、作用も穏やかであることから広く利用されています。成分的にはα-ピネンや1,8-シネオールなどが多く含まれているため優れた消毒・抗菌作用が期待され絵地ますし、鎮静作用を持つことや柔らかい香りからリラックスタイムから睡眠時のルームアロマとしても役立ってくれるでしょう。そのほかマートル精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

パチュリー/パチョリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面においても柔らかくハリのある肌に導く働きが期待され、抗菌・抗真菌作用などもあることから皮膚トラブル対策にも注目されています。そのほかパリュリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローレル(ベイリーフ/月桂樹)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれるローレル。料理用ハーブとしてもお馴染みの存在ですね。また古代ギリシア・ローマ時代には勝者へ与える冠としても利用されており、現在でも勝利や名誉を表す植物として愛されています。ローレルの精油はシナモンに似た甘みのあるスパイシーな香りが特徴的で、鎮静作用が期待できることからメンタルサポートにも役立つと考えられています。1,8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用が期待できる成分も多いので空気浄化や風邪予防にも効果が期待できるでしょう。そのほか肉体面への働きかけや皮膚利用など、ローレル精油に期待される働きや注意点・ブレンドしやすい精油などをご紹介します。

タイム・リナロール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・リナロールはコモンタイム(T.vulgaris)を原料とする精油で、リナロールを多く含むケモタイプ精油の一つ。作用が穏やかで敏感肌の方・お子様に対しても利用されることから、コモンタイムを原料とする精油の中で最もポピュラーな精油とも言えます。特徴成分であるリナロールは鎮静・抗不安作用に優れていると考えられることからストレス・神経疲労の回復や精神安定に、また抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上作用があることから風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも役立ってくれるでしょう。そのほか消化促進作用による下痢や便秘の軽減・皮膚利用についてなど、タイム・リナロール精油に期待される作用や使用時の注意点をご紹介します。

セージ(コモンセージ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コモンセージは和名を薬用サルビアとされる種で、料理用ハーブとしてもお馴染みのセージ。シャープでクリアな香りが特徴的で、頭をシャッキリと冴えさせる・抗うつ作用によって気分の落ち込み軽減に効果が期待されています。そのほか消化器系の働きを高める・女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分を多く含むことから生理不順や少量月経などの月経トラブルや更年期障害の軽減にも役立つと言われていますよ。そのほかコモンセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。特にコモンセージ精油は刺激が強いため、敏感肌の方や疾患がある方などは使用を控えたほうが良い精油の一つにも数えられています。利用する場合は特性や注意事項を確認しましょう。

フランキンセンス/乳香/オリバナム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イエス・キリスト誕生時に東方三博士が黄金、ミルラ(没薬)とともに捧げたと伝えられるフランキンセンス。オリバナムもしくは日本では“乳香”という名でも知られています。微かにレモンのような爽やかさを持つ神秘的な香りは鎮静効果に優れていることから古来より瞑想にも利用され、金と同等以上に価値あるものとして扱われていたとも言われています。バルサム系精油ですが癖のなくスッキリとした香りですし、α-ピネンやリモネンなど抗菌作用を持つ成分が多いので空気浄化にも役立ちますよ。そのほか近年ではスキンケア・アンチエイジングにも注目されているフランキンセンス精油や期待されている作用について、また使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link