イライラ一覧

イニュラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

デイジーに似た黄色い花を持つエレキャンペーンの近縁種イニュラ。精油はややカンファー感が強いですがどことなくフローラルな印象もある奥行きのある香りを持ちます。アロマテラピーにおいて最も強い粘液溶解作用を持つとも言われており、花粉症対策効果が期待できる精油として近年少しずつ注目度が高まっています。ストレス対策や風邪

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

薄荷(ハッカ)としてお菓子などでもお馴染みのコーンミント。クールミントと呼ばれるようにミント類の中でも特にスッキリと清涼感が強い香りが特徴で、近年はヒンヤリとした冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されています。体臭対策・防虫剤など夏場に嬉しい作用が多いほか、シャープな香りですがリフレッシュだけではなく鎮静作用も

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

ブラックスプルース精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)と言うマツ科植物で、精油としてはマイナーな部類ですが近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制効果・副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)のケア効果が期待できる精油として注目されています。力強い森の香りはリラックス用としても利用できますし、風邪やインフルエンザ予防

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ディルの精油はややスパイシーながらミントに似たスッキリした香りを持ちますが、「鎮める・なだめる」などの意味を持つ”dilla”という言葉が語源と言われる通り、精神安定や不眠の緩和に高い効果が期待出来ます。お腹の張りなど消化器系の不調や、咳・痰・鼻水・鼻詰まりなど呼吸器系の不快感の緩和、しゃっくり止めなどにも

ヒソップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれつと考えられています。名前の由来が「聖なるハーブ」を意味する言葉であるとされること・聖書に登場することなどから神聖なハーブとして大切にされてきました。中世では教会でストローイング・ハーブとして使われ厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。成分的にも去痰・作粘液溶・殺菌作用があると考えられるため、空気浄化や呼吸器系の不調全般に用いられています。また行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待されている精油です。グリーン調の香りを含む精油との相性が良いので

イリス(アイリス/オリスルート)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フローラルかつ力強さを感じさせる香りを持つIris(イリス/アイリス)精油。オリスルートとも呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根が原料で、香りの持続力が高いことも特徴とされています。根を2~3年乾燥させたに水蒸気蒸留を行いアルカリ処理を行うと採油には手間と時間がかかり、また採油率も低いことから貴重で高価な香料としても知られています。一般的にアロマテラピーでは利用されませんが、温かみのある優しい香りには心を落ち着ける効果が期待されています。また近年はイリス抽出物に抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える美白作用があることが報告されており、美白ケアやエイジングケア用の化粧品にも用いられています。精油も美肌効果が期待されていますが刺激があるので

バレリアンのアロマ(精油):効果効能紹介

古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」と呼ばれていた歴史のあるバレリアンは、精神安定や不眠、ストレス症状に高い効果が期待できるハーブです。精油もまた精神トラブル改善への働きかけが強く、精神不安・抑鬱・イライラ・恐怖・焦燥感やストレス性の不眠や体の不調に有効とされます。またPMSによる

Sponsored Link