イライラ一覧

アガーウッド(沈香/伽羅)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本では“沈香”もしくは高品質の沈香を指す“伽羅”の名で知られるアガーウッド。香木でもありますし精油原料となるのも木部ですが、他の樹木のように元々芳香を持っているのではなく、傷や病気によって分泌された樹脂が分解・変質して香気成分になるという特徴があります。このためアガーウッドは世界的な高級品で、精油も「最も稀少かつ最も高価」と称されています。香りはややバルサミックで濃厚。希少なこともあり自然療法で提唱される効果効能の真偽ははっきりしていませんが、リラックスや安眠を見守ってくれる香りとして取り入れてみても良いかも知れません。そのほかアガーウッド精油に期待されている働きについてや、使用時の注意点などをご紹介します。

イニュラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イニュラはハーブとして使われるエレキャンペーンの近縁種で、デイジーに似た黄色い花が特徴的な植物。精油はカンファー感の強め、かつフローラル感のある奥行きのある香りがあります。日本ではあまりポピュラーな精油ではありませんがアロマテラピーにおいて最も強い粘液溶解作用を持つとも言われており、花粉症対策効果が期待できる精油として近年少しずつ日本でもイニュラの注目度が高まっています。抗菌・抗ウィルス作用なども期待できるので風邪予防としても役立ってくれるでしょう。香りの印象に反して鎮静作用があると考えられているのでストレス対策にも取り入れられていますよ。そのほかイニュラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンブレットは熱帯アジアが原産のアオイ科植物で、ムスクシードとも呼ばれるように麝香(ムスク)に似た香りを持つ種子を付けることが特徴。原産地であるアジアではスパイスとしても利用されてきた植物の一つであり、近年は植物性のムスク様香料として動物保護観点からも注目されています。抽出される精油はアロマテラピーにというよりは香水・食品香料としての利用が主体ですが、甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあるとも言われていますよ。また女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用が見られたという報告もあるため、女性の美と健康サポートにも期待されています。そのほかアンブレットシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックスプルース精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)という、マツ科トウヒ属の植物。精油としてはマイナーなものの、近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制や、副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ケアに対する有効性が報じられたことから一部で注目されています。香りは樹木系と言うよりも“森”という力強さがあり、複雑かつ濃密な香りのため好き嫌いが別れるところ。そのほかブラックスプルースについてや、その精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フェンネルやキャラウェイと似た外見・香りを持つディルシード。精油はミントに似たフレッシュさにスパイシーさを含む香りを持ち、主成分はd-カルボン。リモネン含有率も高めで、この2つが相乗することで高い鎮静効果・精神安定効果をもたらすと考えられています。英名dillも「鎮める/なだめる/穏やかにする」などの意味を持つ"dilla(ジーラ)"という言葉が語源だとか。そのほか消化器系・呼吸器系への働きかけなどディルシード精油に期待される作用や、ケトン類による毒性・使用時の注意点などをご紹介します。

ヒソップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれつと考えられています。名前の由来や聖書に登場することなどから神聖なハーブとして大切にされてきました。中世では教会でストローイング・ハーブとして使われ厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。成分的にも去痰・作粘液溶・殺菌作用があると考えられるため、空気浄化や呼吸器系の不調全般に用いられています。また行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待されていますよ。そのほかヒソップ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

イリス(アイリス/オリスルート)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フローラルかつ力強さを感じさせる香りを持つIris(イリス/アイリス)精油。オリスルートとも呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根が原料で、香りの持続力が高いことも特徴。しかし採油には手間と時間がかかり、また採油率も低いことから貴重で高価な香料としても知られています。一般的にアロマテラピーでは利用されませんが、温かみのある優しい香りには心を落ち着ける効果が期待されています。また近年はイリス抽出物に抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える美白作用があることが報告されており、美白ケアやエイジングケア用の化粧品にも用いられています。そのほかイリス精油に期待される作用や、皮膚刺激性など使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link