血液循環・皮膚感覚と冷え性

体温調節機能の低下・血液循環が悪くなる原因について

肩こりの女性

直接的な原因と言えるのが血行不良(血液循環の悪化)と代謝(熱生成)低下。冷えを起こす原因としては体の冷やし過ぎ・ストレス・自律神経の乱れなど様々にありますが、最終的には血液循環が低下してしまうことと体温を維持する熱量を発生させられないことが大きなポイントになってきます。特に血行改善は冷え性改善に必ず登場しますね。

冷えていると体が判断するに必要な「皮膚感覚」の低下によって体温調節機能が乱れ、脳が代謝・血液調整の指示を上手く出せなくなることも冷えの発生や冷え性悪化に関係しています。血行不良を引き起こす主要因や、皮膚の温度感知感覚が鈍ってしまう原因をご紹介ます。

血行と冷えの関係

血液は熱を持っています。私たちの体の中では血液が常に循環していますが、心臓から押し出され末端に向かうあいだに血液の温度は少しずつ下がっていきます。血行が悪い(=スムーズに血液循環が行われない)場合は、末端まで血液が届かない・届くまでに時間がかかることで熱を届けるべき血液が冷めてしまっている状態となり、体が冷たくなってしまいます。

冷え性の改善には血行の改善と言われるのはこの状態を緩和するため。温かい血液が滞りなく全身に巡れば冷えが解消されるということなのです。そのため冷え性の改善には表面を温めるだけでなく、血行を良くして内側からも温めることが必要です。

血行が悪くなる原因

ドロドロ血液

健康番組ですっかりお馴染みの血液の汚れ。コレステロールや中性脂肪、糖、腸内で悪玉菌が増殖した結果放たれる有毒ガスなどが肝臓で綺麗にしきれずに残ってしまった血液のことを「ドロドロ血」と言います。
血液は有害物質によって酸化されて粘度が増し、文字通りドロドロの状態になっています。循環させる力はあっても血液自体の問題でスムーズに移動できない状態です。

血液の不足

血液自体が不足している・血液中の赤血球が足りていない状態の場合も血液が循環せす、体内の栄養分を燃焼することができずに体全体に冷えを起こします。
赤血球中のヘモグロビン(鉄分)が不足している場合も同様に酸素供給が減少し、冷えを起こします。隠れ貧血・隠れ鉄欠乏などと言われるように、通常の健康診断では発見されない鉄不足でも冷えの原因となっている可能性がありますから、食事を見直してみると良いでしょう。

運動不足・筋力不足

筋肉は血液を心臓に送り返すために重要な役割を果たしていますが、運動不足で筋力が萎えていると血液を押し返せずに停滞してしまいます。血液を押し出すポンプのような役割の心臓も運動などをしていないと酸素や栄養を血液で送り出す必要性が減ってしまい、「血液を押し出す力」は低下して弱くなります。その結果血液を循環させる力がなくなり冷えが起ります。

また筋肉は体の熱を生み出してくれる機能でもあります。
ふくらはぎなどに筋肉が少ないと途中で温め直されることのないまま血液が届いてしまい、足先の冷えが起こりやすいと言われています。

姿勢が悪い

猫背・骨盤のゆがみ・O脚など負荷のかかるバランスの悪い姿勢で長時間過ごしているとリンパ節や血液の流れが悪くなり、むくみやすくなります。血液が循環しにくくなる上に、むくみによって体が冷えて正常の時よりも体温を回復することが困難になってしまいます。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れる(交感神経が極端に優位)な状態だと血管が収縮・拡張が上手く行われなくなり、血液がスムーズに流れなくなります。
⇒自律神経の乱れによる冷えについてはこちら

皮膚感覚と冷えの関係

冷え(=体内・体外の温度を保てない状態)が起こるのは熱を作り出し・保持できないことが大きな原因ですが、その前段階で「熱を作る必要性を体が感じていない」という問題もあります。寒いところにいても寒さ脳へが伝わらなければ体温を保持しよう・体の熱を増やそうという機能が発動しないのです。

皮膚感覚は皮膚や口腔・角膜などの粘膜にある感覚受容器によって感じる感覚(触覚,圧覚,温覚,冷覚,痛覚)の総称です。外部の気温に対して「寒さ」「暑さ」を真っ先に感知するのはこの皮膚感覚

通常は皮膚感覚が寒い・暑いという状態を察知して、その情報を脳に送ることで自律神経の体温調整機能が働きます。寒いということを認識すると交感神経が血液循環を抑制し、熱を外へ逃さないようにするのとほぼ同時に「熱エネルギーをもっと生産する」という指令も出されます。一時的に体は冷えますが、すぐに体内での発熱が追いつき、体を温めます。

しかし皮膚感覚が鈍っていたり、麻痺していたりすることで寒いという状態を脳へ伝えにくくなり、体が適切な防衛機能を働かせることが出来ないために体が冷えてしまいます。

皮膚感覚が低下する原因

エアコンなどによる室温調整

エアコンが普及した現代では、家でも学校や会社でも室内の温度を一定に調整した状態が普通になっています。そのため人が本来持っている季節調節機能が低下していると考えられています。また室内と屋外との気温差が激しくなっているため、屋内外の出入りによって体温調節機能が乱れてしまいます。

さらにビールやアイスクリームなど冷たい食べ物・飲み物を食べる習慣があると内蔵内の体温調節機能も鈍ってしまうため、内外両方の体温調節機能が乱れることになります。

窮屈な靴や補正下着

むくみ予防の着圧ソックス・骨盤やウエストなどの補正下着、サイズの合わないキツい靴…美容面(外見)のために身につけているキツい下着や靴は血行を悪化させてしまう危険性があります。

血行が悪くなるだけでも、全身に温かい血液を届けることができずに冷えを起こしてしまいます、血行不良の状態が長く続くことで皮膚感覚が麻痺し、「寒い」という感覚が伝わりにくい状態を作り出してしまうため、更に冷えが悪化していくのです。

Sponsored Link

シェアする

こちらもオススメ