気になる不調・だるさ

1/2ページ
  • 2015.03.10

生理前のむくみと女性ホルモンの関係

女性ホルモンのうち生理前(黄体期)に分泌量が多くなるプロゲステロンには水分を蓄積させる働きがあり、PMSの代表症状の一つともされているように生理前はむくみやすくなります。また月経期間や終了後もむくみが残るのはエストロゲンの働きで血管が拡張され水分不足状態になる・プロゲステロン分泌

  • 2015.03.04

血行不良・冷え性とむくみの関係

主に冷え性は動脈系の流れが悪いこと・むくみは静脈系(リンパを含む)の流れが悪いこと原因とされていますが、体が冷えることからみ静脈やリンパの流れが悪くなる⇒セルライトが循環を邪魔するなどの関わりがあると考えられます。体を温めようと血行促進だけに重視すると静脈の流れが追いつかなくなり

  • 2014.12.28

水分過剰・水分不足とむくみの関係

みくみと切っても切れない関係にある水分。水分は血液やリンパ液などの体液・体温調節を行うために利用されますが、水分が不足した場合は脱水予防のため抗利尿ホルモンが分泌され水分を溜め込もうとします。と言って摂りすぎると血液やリンパ液が増えるものの循環・処理が追いつかなくなってしまい

  • 2014.12.26

栄養不足によってむくみが起こる理由

むくみの原因は血行不良や冷えと思われがちですが、食事の偏りや栄養不足が原因の場合も。むくみの解消にカリウムを意識的に心が下ている方が多いですが、それ以外のビタミン・ミネラル・タンパク質不足もむくみを起こす原因になる事があります。天敵のように扱われている塩分(ナトリウム)も不足すると

  • 2014.12.25

塩分・アルコール過剰でむくむ理由

お酒を飲んだ翌日や、味付けの濃いものを食べた後にむくみやすい事はよく知られています。これは血中ナトリウム・アルコール濃度が高くなることを防ぐための反応によるもの。こうしたむくみは一過性ですぐに治まりますが、習慣化することで塩分の場合は腎臓・アルコールの場合は肝臓を疲労

  • 2014.12.24

冷えの原因、熱生成低下は筋肉量不足・栄養不足の可能性が大?!

冷え性の改善には、体内で熱を作って循環させ内側から温めることが必要。血行を良くすることを心がけていても、筋肉のエネルギー生成の割合(基礎代謝量)が少ないと十分に温まっていない血液が流れることになるため冷えは解消されません。また熱を生み出すためには3大栄養素やビタミンやミネラル

  • 2014.12.24

女性ホルモンの乱れから起こる冷え

生理前に不調を感じるPMSの代表症状としても冷え・むくみなどが挙げられていいるように、女性の冷えはホルモンバランスの変動との関わりがあるためと考えられています。冷えを始めとした多くの不快感はストレスの場合と同様にホルモンバランスの乱れから「自律神経の乱れ」を引き起こす事で悪化

  • 2014.12.22

ストレス・自律神経の乱れと冷え性

冷え性を悪化させる要因としてはストレスというものも無視できません。が、ストレスそのものが体を冷やすわけではなく、ストレスによって自律神経が乱れることで冷えが起こります。精神的なストレスだけではなく肉体・環境ストレスや女性ホルモンの変動などによっても、自覚症状がないままに自律神経