だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

「 リラックス 」 一覧

カヤ(榧)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

榧(カヤ)の精油は柑橘系のスッキリとした香りを持ち、持続性が比較的長いことが特徴です。リモネンが主成分でα-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果が期待されているほか、さっぱりとした香りでリフレッシュや空間演出にも役立つでしょう。成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも効果が期待

レーバントスタイラックス(蘇合香)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レーバントスタイラックスはフウ属の樹木から分泌される樹液を原料とした精油で、琥珀やハチミツを連想させるようなアンバーかつ甘い香りが特徴。伝統的に呼吸器系トラブル軽減に用いられてきたことや、その香りからリラックス効果があると言われていますが根拠は曖昧です。香料・揮発保留剤として香りを楽しむことを第一に取り入れると

トルーバルサム(Tolu Balsam)

トルーバルサム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

欧米では石鹸などにも用いられる、甘さ・スパイシーさ・スモーキーさを合わせ持った複雑な香りが特徴のトルーバルサム。リラックスタイムの演出やブレンド用として適しています。感作性(アレルギー誘発性)があるため使用には注意が必要ですが、抗菌・抗真菌・治癒促進などの作用があるとされ皮膚軟膏やヘアケア商品の原料にも

カラミント精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ミントに似たシャープでスッキリとした香りを持つカラミント。神経毒性と堕胎作用があるメントンを含むため扱いに注意が必要とされており、あまり一般的な精油ではありませんが、ストレス軽減やリフレッシュ効果・胆汁分泌を促進することで消化を助けるなどの働きがあると考えられています。胸焼けや食欲不振時などにごく少量取り入れ

アンブレットシード/ムスクシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

バルサムファー/カナディアンファー

バルサムファー/カナディアンファー精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産のバルサムモミ(カナディアンファー)を原料とするバルサムファーはやや甘みのあるライトな香りが特徴で、清々しい森の香りでリラックス・リフレッシュ効果が期待できます。免疫力向上や抗菌作用による風邪予防や、血液・リンパ液の循環を改善する働きから冷え性やむくみの緩和にも役立つと考えられています。心と体をクリアに

バルサムコパイバ(Balsam Copaiba)

バルサムコパイバ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コパイババルサムノキは古くから南米のインディオ達が樹液などを薬用として利用し「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」と呼ばれています。精油は甘みのあるウッディー系で、抗不安やストレス軽減、風邪予防や呼吸器系トラブル緩和などに利用されています。またエモリエント作用や抗炎症作用があるためスキンケアや皮膚炎症緩和

ブラックスプルース

ブラックスプルース精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)と言うマツ科植物で、精油としてはマイナーな部類ですが近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制効果・副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)のケア効果が期待できる精油として注目されています。力強い森の香りはリラックス用としても利用できますし、風邪やインフルエンザ予防