だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

セロリシード(Celery seed)

セロリシードのアロマ(精油):効果効能紹介

野菜としてお馴染み「セロリ」の種子から採油されるセロリシードの精油。クセの強い香りですが、精神面に対しては鎮静と強壮両作用があるとされ、リラックス・精神安定・不眠・抗ストレスなど様々な働きが期待されています。消化器系改善・むくみ改善・月経促進作用などのほかメラニン色素沈着防止(美白)効果などにも注目

クミン(Cumin)

クミンのアロマ(精油):効果効能紹介

料理のスパイスとしても知られるクミンシード。精油は香辛料と異なり、甘さとスパイシーさを持ったムスク(ジャコウ)系の香りです。神経・精神面での強壮効果に優れ、神経性疲労や衰弱、無気力などの回復に役立ちます。消化器系の機能向上やデトックスに有効なほか風邪などの感染症予防や月経周期の正常化・生理痛緩和など

アニスシード(Aniseed)

アニス/アニシードのアロマ(精油):効果効能紹介

独特の甘い芳香を持つアニシード精油。スパイス系精油ですから消化器系のサポートに高い効果が期待でき、お腹の張りや便秘ケアにもオススメです。また精神に対しては鎮静と高揚と両作用で精神安定にも役立ち、女性ホルモン成分「トランスアネトール」を含むため、月経トラブルやPMS、更年期障害など女性の心と体の不調に

ヒソップ(Hyssop)

ヒソップのアロマ(精油):効果効能紹介

「聖なるハーブ」「浄化のハーブ」とも呼ばれるヒソップ。甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれます。去痰・作粘液溶・殺菌作用に優れており呼吸器系の不調全般に用いられている精油ですし、血行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも利用され

ラヴィンサラのアロマ(精油):効果効能紹介

長らくラベンサラと混同されてきたラヴィンサラですが、精油はマダガスカル原産のCinnamomum camphora、つまり楠(カンファー)やホーリーフと近い植物から採油されています。精神に対しての鎮静と神経強壮作用がありストレス対策やリラックスに利用できるほか、感染症予防や呼吸器系の不調などに利用され

ラベンサラのアロマ(精油):効果効能紹介

ラベンサラはマダガスカル固有の植物で長い間ラヴィンサラと混同されてきた歴史を持ちます。名称の混同があったために精油成分・働きについてはまだ曖昧な部分もありますが、リラックス効果や感染症予防、鎮痛など幅広い効能があると考えられ、子様や高齢者にも利用できることから今後需要が伸びていくと

ウィンターグリーン

ウインターグリーンのアロマ(精油):効果効能紹介

英名チェッカーベリー・和名ヒメコウジとも呼ばれるウインターグリーンはシップの成分でありアスピリン様作用(抗炎症・解熱鎮痛)を持つサリチル酸メチルが主成分で、痛みの緩和、特に筋肉痛や神経痛の緩和に利用されています。危険性がある反面期待できる効果も高く、適切に利用すれば合成薬よりも副作用が少ないことから

イリス/アイリス(Iris)

イリス/アイリスのアロマ(精油):効果効能紹介

イリス/アイリスはフローラルな香りを持ちますが、オリスルートと呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根から採油されます。製造に手間と時間がかかり、貴重で高値な精油です。アロマテラピーでは一般的に利用されませんが、スミレに似た温かみのある香りには心を落ち着ける効果があるとされ、またイリス抽出物には抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える