トルーバルサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

欧米では石鹸などにも用いられる、甘さ・スパイシーさ・スモーキーさを合わせ持った複雑な香りが特徴のトルーバルサム。リラックスタイムの演出やブレンド用として適しています。感作性(アレルギー誘発性)があるため使用には注意が必要ですが、抗菌・抗真菌・治癒促進などの作用があるとされ皮膚軟膏やヘアケア商品の原料にも

ダバナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インド原産で植物としてはヨモギと近い種になりますが、洋酒のようなフルーティーで芳醇な香りを持つダバナ。香水原料としての需要が高く、皮膚に付くことで人によって異なった芳香を放つとも言われています。香りの働きとしてはメンタルバランスを整える・喉の不調緩和などの効果が期待されていますが、デイリー使いよりも手作り香水用

スパイクラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

真正ラベンダーよりも強くカンファー系のシャープな香りを持つスパイクラベンダー。神経系の鎮静や抗うつへの働きかけが期待されるリナロールも含まれていますが、精神面に対してはリラックス用としてよりもリフレッシュ用としてよく取り入れられています。風邪予防や呼吸器系の不調緩和のほか、血行促進効果や鎮痛・消炎作用も期待

ヘムロックスプルース/ツガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スプルース系精油の中では比較的メジャーなヘムロック(ツカナダツガ)は、同じ北アメリカ原産のブラックスプルースよりも明るく爽やかな印象のある香りが特徴。緊張を和らげたり自律神経のバランスを整える・強壮などに役立つ香りと考えられている他、疲労回復や冷え性・循環不全の改善・呼吸器系トラブルや風邪予防などにも効果が期待

カラミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ミントに似たシャープでスッキリとした香りを持つカラミント。神経毒性と堕胎作用があるメントンを含むため扱いに注意が必要とされており、あまり一般的な精油ではありませんが、ストレス軽減やリフレッシュ効果・胆汁分泌を促進することで消化を助けるなどの働きがあると考えられています。胸焼けや食欲不振時などにごく少量取り入れ

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

薄荷(ハッカ)としてお菓子などでもお馴染みのコーンミント。クールミントと呼ばれるようにミント類の中でも特にスッキリと清涼感が強い香りが特徴で、近年はヒンヤリとした冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されています。体臭対策・防虫剤など夏場に嬉しい作用が多いほか、シャープな香りですがリフレッシュだけではなく鎮静作用も

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

バルサムファー/カナディアンファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産のバルサムモミ(カナディアンファー)を原料とするバルサムファーはやや甘みのあるライトな香りが特徴で、清々しい森の香りでリラックス・リフレッシュ効果が期待できます。免疫力向上や抗菌作用による風邪予防や、血液・リンパ液の循環を改善する働きから冷え性やむくみの緩和にも役立つと考えられています。心と体をクリアに

Sponsored Link