女性の不調(生理痛・月経不順・PMS)一覧

腹痛や吐き気、腰痛、頭痛、冷えがひどくなる、体が重いなど期間限定の不調ながら辛い生理痛(月経痛)や、原因も確実な治療法も不明と言われる月経前症候群(PMS)など「女性特有の不調」と言われる諸症状の原因や、悪化させてしまう生活習慣、改善に役立つ食材やハーブ・アロマなどを紹介します

生理前のむくみと女性ホルモンの関係

女性ホルモンのうち生理前(黄体期)に分泌量が多くなるプロゲステロンには水分を蓄積させる働きがあり、PMSの代表症状の一つともされているように生理前はむくみやすくなります。また月経期間や終了後もむくみが残るのはエストロゲンの働きで血管が拡張され一時的に水分不足状態になる・プロゲステロン分泌量の低下が少ないことなど

生理痛の原因・悪化要因、プロスタグランジンとの関係

生理痛原因物質として子宮を収縮させて月経を促す作用を持つプロスタグランジンという物質が挙げられます。プロスタグランジン過剰はエストロゲンなどのホルモン過剰からも引き起こされますし、血液循環が悪いとプロスタグランジンが骨盤内に滞ってしまうことで生理痛が長引く、ストレスによる自律神経の乱れでホルモンバランスが乱れる

Sponsored Link