オリエンタル系一覧

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

サンダルウッド/白檀のアロマ(精油):効果効能紹介

サンダルウッド(白檀)の精油は優れた鎮静作用によって心を落ち着かせてくれます。瞑想や意識を集中させたいとき、変に頭が冴えてしまって眠れない時にも有効です。また体内の巡りを整える作用があり冷えやむくみなどの改善にも役立ちます。皮脂分泌調整やエリモント効果があるのでスキンケアにも適しておりセルライト対策

パチュリー/パチョリのアロマ(精油):効果効能紹介

マドンナが愛した香りとしても知られるパチュリーは精神状態を落ち着け、リンパの巡りを整える働きが期待出来ます。また「食欲抑制」作用がありダイエット中の方や生理前の食欲、イライラ食いをしてしまう方の強い味方。スキンケアに万能で柔らかくハリのある肌に導く他、殺癬・抗菌・抗真菌作用などで皮膚トラブルの大半を

ベチバーのアロマ(精油):効果効能紹介

ベチバーの精油は安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があり、緊張やストレスで張り詰めた精神や、傷ついた心を癒すことに優れています。心と体両方への強壮作用があり、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きが沢山ありますし、免疫強化にも役立ちます。めまいや疲労感などだるさ

イランイラン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

男性が最も女性らしさを感じる香りと言われているイランイラン、催淫作用がある精油としても有名です。鎮静・高揚両方の作用を持ち、心のバランスを取るのに役立ってくれますし、メンタル面の強壮にも役立ちます。血行促進作用やホルモンバランスを整える働きから月経トラブル、月経前症候群(PMS)や更年期障害など女性特有の不調に

Sponsored Link