だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

ローズマリー・カンファー/ボルネオンのアロマ(精油):効果効能紹介

ここ一番の頑張りどきや、コリ・筋肉痛に

ローズマリー・カンファー(Rosemary ct.Camphora)

  1. ローズマリーとは
    1. 基本データ
  2. ローズマリーの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ローズマリーの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ローズマリー・カンファーとは

ローズマリーはシソ科マンネンロウ属の植物で、地中海沿岸が原産と考えられています。名前がラテン語の「ros marinus(海のしずく)」に由来していると言われる通り、地中海沿岸の海辺でも生育出来ることが分かります。暑く乾燥した環境を好みますが、寒さにも比較的耐えられる強い植物です。

古い歴史を持つローズマリーは、古代エジプトやローマなどの古代文明において万能薬と考えられていたハーブの1つです。古代ヨーロッパでは復活の象徴とされるとともに、悪魔から守る神秘的な力を持つ聖木とも考えられていました。キリスト教以前には祝典や結婚式・葬儀などの宗教儀式に欠かせないものハーブの1つでもありました。

またローズマリーは頭の働きをよくするハーブとしても知られており、受験を迎えた学生は髪にローズマリーの花輪を飾る習慣もありました。日本人の感覚で言うなら「合格お守り」のようなものでしょう。ローズマリーの花言葉としては貞操や変わらぬ愛など恋愛的なものが有名ですが、「記憶」「追憶」なども含まれており、記憶と友情を意味する花とも言われます。

ローズマリーの精油にはシネオール・ベルベノン・カンファーと3種類のケモタイプが存在します。成分配合が異なりますので香りや作用にも違いがありますが、ケトン類の含有量が少ないローズマリー・シネオールが扱いやすく安全性も高いので最も利用されています。ベルベノンタイプはヘア・スキンケアや肝機能向上・ダイエットなどに、カンファータイプは筋肉痛・神経痛や集中力・やる気アップに優れているとされています。

基本データ

通称
ローズマリー・カンファー(Rosemary ct.Camphora)
別名
ローズマリー・ボルネオン、万年朗(マンネンロウ)、迷迭香(メイテツコウ)、Rose of Mary(聖母マリアのバラ)
学名
Rosemarinus officinalis(ct.Camphora)
原料植物
ローズマリー
ハーブの中でも1、2を争うと言われるほど、美しい花を咲かせるため観賞用としても広く栽培されています。シネオール・ベルベノン・カンファーと3種類のケモタイプがあり、主に栽培された地域によって分かれます。
科名/種類
シソ科マンネンロウ属/常緑性低木
主産地
スペイン、フランス
抽出部位
全草(葉・花・茎)
開花時の先端部分のみを使用したものが高品質。
抽出方法
水蒸気蒸留法
ほぼ無色~淡い黄色
粘性
ノート
トップ~ミドルノート
香り度合い
中~強
おすすめ
芳香浴、入浴

爽やかなハーバル感にツンすると辛味が混じった香り

ローズマリー・カンファーの主な効果・効能

心への作用

ローズマリー・カンファーの香りの少しツンとする成分、カンファーには脳を刺激して働きを高めると言われています。交感神経を刺激する事で精神面での高揚作用もあり、記憶力・集中力とやる気、両方の向上に高い効果が期待出来るでしょう。

ローズマリー系の精油の中で最も集中力・記憶力向上や頭脳疲労回復に優れているとされますから、やりたくないけれど頑張らなくてはいけない仕事・勉強などを頑張る際に選んでみると良いでしょう。

体への作用

ローズマリー・カンファーという呼び名の元にもなっているケトン類「カンファー(ボルネオン)」は神経毒性があるため禁忌事項が多く、アロマテラピーでは要注意成分とされていますが、有用な作用もあります。カンファーはかつて強心剤(カンフル剤)にも利用されている成分で、心臓強壮(鼓動を強める)作用があるとされています。そのため血液を送り出す作用に優れ、血行促進・低血圧の改善・冷え性緩和、血行不良による肩こりや頭痛などの改善にもなど様々な効果が期待されています。脳への血流を増やすことで脳の働きを高め、記憶力アップなどにも役立ってくれるでしょう。

またカンファーカンファーは神経と筋肉への働きかけに優れており、筋肉を緩めて血行を促進することから肩こりや筋肉痛の緩和、関節痛、リウマチ、神経痛、こむらかえりなどに有効とされています。そのほかに肝胆汁の分泌・排泄促進作用があり、デトックス作用や脂肪溶解作用も期待出来ると言われていますので、血行不良効果と相乗してダイエット効果なども期待されています。精神面への働きと合わせて疲労感や倦怠感など「だるさ」の解消にも効果が期待出来るでしょう。
その他利尿効果によるむくみ解消・通経作用による月経不順の改善などに有効とされています。

その他作用

【肌への効果】

殺菌・抗炎症作用や瘢痕形成作用があるとされています。ただしカンファーなどによる皮膚刺激が強いので、スキンケアやトリートメントオイルとして皮膚に利用する場合はローズマリー・ベルベノンなどを選んだほうが無難でしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 集中力・記憶力向上
  • やる気が出ないとき
  • モチベーションを上げたい
  • 頭をスッキリさせたい

【肉体面】

  • 血行不良・低血圧
  • 冷え性・末端冷え性
  • 脳の機能強化
  • 肩こり・頭痛
  • 慢性疲労・倦怠感
  • 月経不順・少量月経
  • 肩こり・筋肉痛
  • 関節痛・神経痛
  • デトックス・肥満予防
  • ニキビや傷のケアに
  • フケ・抜け毛予防

ローズマリー・カンファーの利用について

相性の良い香り

柑橘系・ウッディー系の香りと相性が良いとされています。スパイス系の香りともブレンドしやすいでしょう。

【ローズマリー・カンファーのブレンド例】

ローズマリー・カンファーの注意点

  • 妊娠中、授乳中、お子様への使用は出来ません。
  • 高血圧・てんかん症の方は使用を避けるか、医師に相談しましょう。
  • 肌への使用は刺激が強いためおすすめできません。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

 - アロマ・エッセンシャルオイル, ハーブ系 , , , ,

  関連記事