だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

ヘリクリサム/イモーテルのアロマ(精油):効果効能紹介

マイナスの感情や記憶から心を開放したいときに

helichrysum

  1. ヘリクリサムとは
    1. 基本データ
  2. ヘリクリサムの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ヘリクリサムの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ヘリクリサム(イモーテル)とは

ヘリクリサムはキク科ムギワラギク属の花から採油される精油です。観葉植物としてのカレープラント、フラワーアレンジメントならば乾燥させても色が変わりにくいことからエバーラスティングという呼び名の方がよく知られています。

ヘリクリサムは地中海沿岸の乾燥した土地に自生していた植物で、古代から長寿の力がある植物と考えられていたほか、永遠の愛を象徴するものとして花輪を花嫁に捧げる習慣もあったようです。現在ヘリクリサム精油は香水、石鹸、化粧品などの香料として用いられています。

「ウッディーさの中に蜂蜜の甘さ」と称されることのあるヘリクリサムの香り。しかし香りの系統は書籍などにより「ハーブ」に入れているところもあるように、花の香り・蜜の香りというよりも甘い漢方薬のような印象の香りです。カモミールやヤロウよりも柔らかな香りですが、独特の濃厚さから好き嫌い・慣れ不慣れが分かれる精油です。始めて購入する場合は香りを確認してからの方が良いでしょう。

基本データ

通称
ヘリクリサム(Helichrysum)
別名
イモーテル(Immortelle)、カレープラント、エバーラスティング、イタリアンストローフラワー
学名
Helichrysum angustifolium
Helichrysum italicum
原料植物
ヘリクリサム
75kgの花から約1kgの精油が抽出されます。収穫後24時間以内に水蒸気蒸留されたものが高品質とされています。
科名/種類
キク科/多年草
主産地
フランス、イタリア、スペイン、ユーゴスラビア
抽出部位
花(頭花・花序)
抽出方法
水蒸気蒸留法
(※溶剤抽出されたものも有)
淡黄色~薄オレンジ色
粘性
低~中
ノート
ミドルノート
香り度合い
強い
おすすめ
芳香浴、入浴、スキンケア、ヘアケア、トリートメント

やや苦いスパイシーさとハチミツに似た甘さのある香り

ヘリクリサム(イモーテル)の主な効果・効能

心への作用

ヘリクリサムの甘さ・温かさを感じる染み通るような香りは感情の滞りを解きほぐし穏やかな状態へ導いてくれます。トラウマや恐怖心・後悔・執着心などを抱えて心を閉ざしてしまっているような方に特に向いているとされており、心をマイナスの感情や記憶から解き放ち、前向きになるための力を貸してくれるでしょう。

抗うつ作用にも優れているとされており、抑鬱感や精神衰弱、無気力、ストレス、精神疲労などの緩和にも役立つでしょう。αピネンも若干含まれていますので精神面の強壮効果も期待出来ます。

体への作用

抗アレルギー作用や去痰・鎮咳作用があり、痰が絡むとき、慢性の咳、気管支炎、喘息などの呼吸器系の不調緩和に効果が期待出来ます。抗ウィルス作用もありますので風邪やインフルエンザにも有効とされています。

体内の巡りを整える作用もあり頭痛・偏頭痛・筋肉痛・神経痛などの痛みの改善にも役立つほか、血液凝固を抑える成分が含まれており血腫の改善や血栓性静脈炎予防にも効果的です。

その他作用

【肌への効果】

ヘリクリサムの精油は刺激が少ないため敏感肌の方のケアにも取り入れやすく、スキンケアに適した精油です。細胞成長促進・瘢痕形成作用があるので、傷や火傷・かぶれなどのケアにも利用できますし、お肌のエイジングケアにも効果が期待出来ます。

抗炎症作用や殺菌・抗真菌作用がありニキビのケアや水虫・カンジダなどの真菌性皮膚炎の予防・改善に有効とされています。アレルギー性の皮膚炎症に対しても改善が期待出来るでしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • トラウマや恐怖心に
  • 不安・執着・後悔
  • 過去に捕らわれている
  • 心を閉ざしがちなとき
  • 抑鬱・無気力・神経衰弱
  • ストレス・精神疲労
  • 前向きさ・活力が欲しい

【肉体面】

  • 呼吸器系の不調
  • 風邪の症状緩和に
  • 頭痛・偏頭痛
  • 筋肉痛・神経痛
  • 血栓性静脈炎予防
  • 火傷や傷のケア
  • 水虫・真菌性皮膚炎
  • 肌のエイジングケア
  • アレルギー症状に

ヘリクリサム(イモーテル)の利用について

相性の良い香り

甘さと苦さがある個性的な香りですが、柑橘系の香りは違和感なく馴染みます。オリエンタル系や樹木系の香りとも合いますが、濃厚な香りが苦手な方は濃度に注意して薄めに希釈した方が無難です。

【ヘリクリサムのブレンド例】

ヘリクリサムの注意点

  • キク科アレルギーの方は使用を避けましょう。
  • 妊産婦、授乳中の方、乳幼児、てんかんの方への使用は避けましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

 - アロマ・エッセンシャルオイル, フローラル系 , , , , ,

  関連記事