マートル/銀梅花のアロマ(精油):効果効能紹介

穏やかな作用、風邪・花粉症などの対策に

マートル(Myrtle)

  1. マートルとは
    1. 基本データ
  2. マートルの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. マートルの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

マートルとは

マートルはティートリーやユーカリなどと同じフトモモ科の樹木でギンバイカ属、常緑低木です。ギリシア神話・旧約聖書などにも登場しており、原産である地中海沿岸地域では古くから親しまれてきたことがうかがえます。エデンの園の香りの象徴とも言われているようです。古代ギリシアでは豊穣の女神デーメーテールと愛と美と性の女神アプロディーテーに、古代ローマでは愛と美の女神ウェヌスに捧げる花とされていました。

神々への供物として以外にも古代ギリシアではマートルを「愛と不死」を象徴する植物として催淫剤や料理・香水まで幅広く利用していましたし、古代ローマでは結婚式に用いられました。「愛・純潔」を表すとして花嫁のブーケや髪飾りに用いられ、現在でも結婚式の飾りにお馴染みの植物であることから「祝いの木」とも呼ばれているのだとか。西洋版のイランイランのような感覚ですね。

マートルもティトリーなどと同様にフトモモ科の特性と言える優れた消毒・抗菌作用がありますが、作用が穏やかで、ハーブのような甘酸っぱさを含んだ香りなので、強い香りや消毒薬のような香りが苦手な方にオススメ。お子様がいる家庭にもお勧めですし、刺激を感じる方も試してみる価値はあるでしょう。

基本データ

通称
マートル(Myrtle)
別名
ギンバイカ(銀梅花、銀盃花)、ミルテ、ミルトス
学名
Myrtus communis
原料植物
マートル(銀梅花)
地中海地方に多く自生する常緑の低木で、黒い液果(ベリー)をつけます。梅に似た白い花を咲かせることが和名「銀梅花(ギンバイカ)」の由来。
科名/種類
フトモモ科/常緑低木
主産地
スペイン、チュニジア、オーストリア、フランス、モロッコ
抽出部位
葉、枝
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~オレンジ
粘性
低い
ノート
ミドルノート
香り度合い
弱~中
おすすめ
芳香浴、入浴、スキンケア、ヘアケア、トリートメント

ユーカリの爽やかさと甘味を含んだ穏やかな香り

マートルの主な効果・効能

心への作用

マートルの香りはフトモモ科の中では珍しく鎮静作用が高いことが特徴です。森林浴効果があるとされるα-ピネンを比較的多く含有しており、心の乱れを落ち着けて感情のバランスを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。特にイライラや怒りを鎮静させることに優れています。不眠時にも有効とされています。

マートルはストレスや緊張によって疲弊したり不安定になった心を優しく包み込み癒してくれる香りと言えます。心を落ち着けて現状やありのままの自分を認められるようになることで、明るく元気な気持ちを取り戻すことにも繋がります。

体への作用

マートルの精油はα-ピネン・1.8-シネオール・リモネンなどによって構成されているため強壮・免疫力向上や抗菌・抗ウィルス作用があります。呼吸器系の不調改善にも有効とされていますので風邪・インフルエンザ・鼻炎・喘息・気管支炎・花粉症などに幅広く用いることが出来ます。また膀胱炎や尿道炎や赤痢など感染症全般に効果的と言われています。

ティートリーやニアウリよりも優しく心地よい香りですから、風邪などが気になる季節にデュフーザーなどでお部屋全体に拡散して空気浄化に利用するのもお勧めです。独特の薬品っぽい香りが苦手な方がいる場合や来客時などにも利用できます。
また穏やかな香りと鎮静作用からベッドサイドで香らせても眠りを妨げる心配がありません。リラックスタイムから睡眠時まで幅広く利用できるのもマートルの魅力です。

その他作用

【肌への効果】

抗菌・抗炎症作用がありニキビケアに有効とされています。収れん作用があるので毛穴の開きが気になる場合はもちろん、シワやたるみの予防としてエイジングケアにも利用できるでしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • イライラ・怒り
  • 緊張・精神疲労
  • 情緒不安定
  • リラックスしたい
  • 自分と向き合いたい
  • 不眠・眠りが浅い

【肉体面】

  • 風邪の予防・緩和
  • 鼻炎・鼻づまり
  • 喘息・気管支炎
  • 花粉症対策として
  • 膀胱炎・尿道炎
  • ニキビ・毛穴の開き
  • エイジングケア
  • お部屋の空気清浄に

マートルの利用について

相性の良い香り

ハーブ系・スパイス系の香りと相性が良いとされていますが、クセの少ない香りなので比較的広い範囲でブレンドすることが出来ます。

マートルのブレンド例】

マートルの注意点

  • 妊娠中・授乳中の方は使用を控えてください。
  • 長時間使用すると稀に粘膜を刺激する場合があります。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ