だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

ナツメグのアロマ(精油):効果効能紹介

心と体を温めて元気になりたい時に

ナツメグ(Nutmeg)

  1. ナツメグとは
    1. 基本データ
  2. ナツメグの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ナツメグの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ナツメグとは

ナツメグは東インド諸島のモルッカ諸島が原産のニクズク科の常緑高木で、現在は西インド諸島などにも生育しています。スモモやアンズに似た黄色の果実を付け、完熟すると仮種皮に包まれた種子が現れます。その種子の中にある仁から作られる香辛料のことも「ナツメグ」と呼び、仮種皮の部分は「メース」と呼ばれる香辛料になります。

ナツメグはアーユルベーダなどでは腸の不調などに利用されており、漢方でも肉荳蔲という生薬名で用いられています。西洋東洋ともに古くから利用されていた香辛料と言われますが、正確な伝播の年代は分かっていません。記録上で確認できるものは10世紀以降、ヨーロッパで普及したのは12世紀以降ですが、古代エジプトの副葬品の中にナツメグが発見されておりミイラを作る際の防腐剤として利用されていたと考えられています。またイタリアでは、クローブ、ジュニパー、ミルラ(没薬)などとナツメグを合わせた薫香を魔除けとして焚いていたという話もあります。

ナツメグという名前は「Nut(豆)」+「meg(ムスク)」が語源とされ、その由来通りのムスク(麝香)に似た香りを持ちます。甘さやロースト感のある香りを持つナツメグはハンバーグなどによく用いられるほか、クッキーやケーキなどの焼き菓子の香り付けにも用いられます。そのほかにリキュールの香り付け、歯科用材料、化粧品、ヘアローションなどの成分としても利用されています。

基本データ

通称
ナツメグ(Nutmeg)
別名
ナッツメッグ、ミュスカード、ニクズク(肉荳蔲)
学名
Myristica fragrans
原料植物
ナツメグ
播種後7年くらいで採取が可能と成長の遅い部類に入りますが、11kgのナツメグから1kg程度と採油率は高いです。
科名/種類
ニクズク科/常緑高木
主産地
インドネシア、スリランカ
抽出部位
核果 (仁・種)
抽出方法
水蒸気蒸留法
やや白色~淡黄色
ノート
トップノート
香り度合い
強い
おすすめ
芳香浴、入浴、ハウスキーピング

シャープでやや甘い、スパイシーな温もりある香り

ナツメグの主な効果・効能

心への作用

スパイシーで温かいナツメグの香りには刺激作用があり、神経系を刺激して心に元気と活力を与えてくれます。鎮静作用もありますのでストレスや疲労などでイラついたり過敏になっている心を鎮めて穏やかさや安定感を与えてくれるでしょう。心の強壮にもなりますので精神疲労時、元気が出ないとき、メンタル面での強さが欲しい時にも適しているでしょう。

またシャープな香りによって頭をスッキリとクリアな状態にしてくれる働きもあります。失神したときの気付け薬としても用いられることもあります。ハンカチやペンダントに香りをつけておいて会議や発表、運転中などに利用しても良いかもしれません。

体への作用

ナツメグの香りの8~9割はモノテルペン炭化水素類(α-ピネンなど)で、食欲増進や消化促進作用があります。そのほかミリスチシンという成分も消化器官系の働きかけに優れており、お腹のガスの排泄や便秘解消効果なども期待できるでしょう。
免疫力向上や強壮作用、抗菌・抗ウィルス作用もありますので感染症の予防にも役立ちます。

【体を温める効果】

ナツメグには血行を促進し体を温める作用があり、冷え性の改善やリウマチ・関節痛・筋肉痛などの緩和にも用いられます。芳香浴以外にバスオイルとして使用することもありますが、皮膚刺激が強いので数滴程度にしてよくかき混ぜてから入浴してください(※敏感肌の方は要注意)。

女性ホルモン(エストロゲン)と似た構造を持ち、ホルモンバランスの調整に役立つ成分も含まれていますので、芳香浴をすることで月経不順の解消にも役立ってくれます。体を温めてくれる作用と合わせて生理痛の緩和にも利用できるでしょう。

その他作用

【肌・頭皮への効果】

刺激が強い精油のため、ナツメグは基本的にスキンケア・トリートメントに用いられることはありません。オイリーな頭皮や毛髪をさっぱりさせて清潔な状態に保つ作用があるとされ、ヘア用化粧品に配合されています。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 精神疲労・ストレス
  • イライラ・神経過敏
  • 情緒不安定・緊張
  • 自分を元気づけたいとき
  • 頭をクリアにしたい時
  • メンタル面の強さが欲しい時

【肉体面】

  • 消化不良・食欲不振
  • 腹部の膨張感・便秘
  • 血行不良・冷え性
  • 関節痛・筋肉痛
  • 生理不順・生理痛
  • 感染症予防に

ナツメグの利用について

相性の良い香り

柑橘系・スパイス系の香りと相性がよくブレンドしやすいです。

【ナツメグのブレンド例】

ナツメグの注意点

  • 妊娠中の方・お子様への使用は避けましょう。
  • ナツメグは刺激が強い精油で大量・高濃度での使用は吐き気、恍惚、幻覚、頻脈、けいれんなどを引き起こす場合があります。使用量には注意しましょう。
  • 敏感肌の場合は皮膚を刺激する場合があります。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

 - アロマ・エッセンシャルオイル, スパイス系 , , , , ,

  関連記事