ブラックペッパーのアロマ(精油):効果効能紹介

体と心を温めて解き解す・強化したい時に

ブラックペッパー(Black Pepper)

  1. ブラックペッパーとは
    1. 基本データ
  2. ブラックペッパーの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ブラックペッパーの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ブラックペッパーとは

ブラックペッパーは胡椒の未熟な実を天日乾燥させたもの。未熟果を摘みとった後に機械乾燥させたものがグリーンペッパー、完熟後に収穫して外皮を剥いたものはホワイトペッパー、外皮を剥かないまま機械乾燥させたものがピンクペッパーと、元は同じ「コショウ(果実)」でも収穫時期や加工方法によって外見の色や香りが異なっています。またスパイスとして販売されているものにはジャワペッパーとも呼ばれている近縁種のクベブ(キュベブ)が増量剤としてや辛味を抑えるために加えられていることもあります。

そんなコショウはインドが原産の香辛料で、紀元前からインドの主要輸出品でした。古代ローマでは金と同等の価値があるとも言われ、中世ヨーロッパでは税金の代わりにコショウを納めても良いとされるほど貴重なスパイスとして重宝されていたことは有名です。大航海時代は香辛料の獲得が目的だったとも言われるほど。ヴェネチアの人々は胡椒を「天国の種子」と呼ぶこともあったのだとか。

東洋ではそこまで高価ではなかったものの原産国のインドでは伝統医学アーユルヴェーダで、中国でも生薬として泌尿器系や肝臓病、消化器系の不調などに用いられてきました。中国からコショウを伝えられた日本でも伝来当初は「薬品(生薬)」という位置づけだったと考えられています。最近は冷えとりブームでも脚光を浴びているブラックペッパーはアロマでも「温める」作用を持つほか、不調緩和に役立つ働きをたくさん持っています。

基本データ

通称
ブラックペッパー(Black Pepper)
別名
黒コショウ・黒胡椒精油
学名
Piper nigrum
原料植物
コショウ(ブラックペッパー)
ホワイトペッパーやグリーンペッパーの精油もありますが、ブラックペッパーの方が芳香が強く精油量も多くポピュラーです。
科名/種類
コショウ科/ツル性低木
主産地
インド、スリランカ、マダガスカル、マレーシア
抽出部位
種子
抽出方法
水蒸気蒸留法
やや白色~淡黄色
粘性
低~中くらい
ノート
トップ~ミドルノート
香り度合い
中~強い
おすすめ
芳香浴、入浴、トリートメント

ドライでシャープ、スパイシーな刺激ある香り

ブラックペッパーの主な効果・効能

心への作用

ブラックペッパーの香りは心を刺激し神経と心を強化してくれます。刺激することでやる気を起こさせる香りでもありますので、無気力であったり弱気・人任せ・集中できない場合に効果を発揮してくれるでしょう。心の疲労や悲観・絶望感などにも向いていますし、抑圧された感情をうまく発散できるように促してくれるのでフラストレーション解消にも有効です。

スパイシーで刺激的ながら、どこか優しい温かさのあるブラックペッパーの香りはそのまま心を温める働きもあり、冷淡・無感動になっている時に、感性やエネルギーを取り戻し、人間らしい優しさや温かさを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。

体への作用

ブラックペッパーには健胃・胃粘膜保護作用などがあり、胃腸の蠕動運動を促進してくれます。食欲不振や消化不良、下痢、便秘やお腹がガスで張っている場合にも有効です。

【冷え解消効果】

体を温める精油としてもブラックペッパーは知られており、末梢の血管を広げて血流を増やし局所的に温める作用があることから血行不良・冷え性の改善に高い効果が期待出来ます。また鎮痛作用と相乗して冷えによるお腹の不調や、冷え・血行不良が原因の関節痛や筋肉痛、肩こり、腰痛などによる痛みの緩和にも役立ってくれます。

血行促進による冷えの解消以外にも利尿作用や毒素排出作用があり、体の循環が滞っていることによる不調の改善が期待出来ます。常に体が重い、だるさがある、むくみやすい方などは利用してみても良いのではないでしょうか。またこれらの作用からセルライトや肥満防止にも役立つとされていますから、精神面の作用と合わせてダイエット停滞期の方にもお勧めです。

【風邪・インフルエンザに】

体を温める作用に加え、殺菌・消毒作用、強壮作用があり、風邪やインフルエンザの予防や症状緩和にも有効です。疲労により免疫力が低下していると感じる時にも良いでしょう。解熱作用や利尿作用によって悪寒・発熱時にも利用できますし、喉の痛みや痰など呼吸器系のカタル症状にも利用できます。

その他作用

【肌への効果】

刺激が強いためスキンケアにはほとんど利用されませんが、血行を促進し温める作用があるのでしもやけ改善、打ち身の治りを促進するために用いられることがあります。

低濃度でならマッサージオイルとしても利用できますので、足先の冷えの緩和などに効果が期待できるでしょう(※敏感肌の人は低濃度であってもパッチテストをした方が無難です)。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 無気力・無感動
  • 感覚や感性が鈍っている
  • 悲観的・不安・優柔不断
  • 精神疲労・弱気
  • 欲求不満・抑圧感に
  • 感情が冷めている時に
  • やる気が欲しい時
  • 自分で行動したい時

【肉体面】

  • 便秘・お腹のハリ
  • 下痢・消化不良
  • 血行不良・冷え性
  • 冷えによる腹痛・関節痛
  • 筋肉痛・肩こり・腰痛
  • 疲労回復・感染症予防
  • 風邪の初期症状・発熱に
  • むくみ解消・デトックス
  • セルライトが気になる方
  • ダイエット中の方
  • しもやけ・打ち身のケア

ブラックペッパーの利用について

相性の良い香り

柑橘系、スパイス系の香りと相性が良いとされています。ドライなメンズライクな香りが好きな方はウッディー系と合わせても良いでしょう。香りが強いのでブレンドの際は少量入れるようにしてください。

【ブラックペッパーのブレンド例】

ブラックペッパーの注意点

  • 妊娠初期は使用を避けてください。
  • 腎臓・肝臓に刺激する恐れがありますので、使用量や頻度に注意するようにし、腎蔵に疾患がある方は使用を控えてください。
  • 肌が弱い方は注意して利用しましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ