グレープフルーツ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スッキリしたい・前向きになりたい時に

グレープフルーツ(Grapefruit)

グレープフルーツとは

日本の食卓でもすっかりお馴染みの柑橘類となっているグレープフルーツ。オレンジや温州みかんと比べると甘みが少ないですが、酸味とほのかな苦味を持つスッキリとした味わいが好きという方も少なくはないでしょう。日本では大正から戦後まで高級果物の一つであり、一般的に食されるようになったのは輸入が自由化された1970年台以降と言われていますから、短い期間で定着した果物と言っても過言ではないかもしれません。

グレープフルーツの歴史は18世紀、西インド諸島(バルバトス島)で発見されたものが始まりとされています。文旦(ブンタン)とオレンジが自然に交配して誕生したと考えられています。植物としてミカン科になりますし、その香りや味も紛うことなき柑橘類ですが、名前に「Grape(ブドウ)」と付けられているのはぶどうの房のように果実がたわわに実るからなのだとか。種子名の“paradisi”は楽園(Paradise)に由来していると言われており、楽園になる果実として重宝されていた・その香りが楽園を連想させるからなどと言われています。

19世紀以降にはアメリカ西海岸やブラジル・地中海沿岸と広い範囲で栽培が行われるようになりますが、日本に限らず世界的に見ても歴史が浅い果物と言って過言ではないでしょう。精油の生産が行われるようになったのも1930年代頃と比較的新しい部類ですが、現在では世界的に食品の香り付け用・化粧品や香水の原料などに幅広く活用されています。日本でもグレープフルーツの香りがする香水や室内芳香剤はお馴染みですね。精油は果物そのものよりも苦味や酸味を感じない、爽やかで明るい印象なので食材として以上に好き嫌いが少ないでしょう。

エッセンシャルオイル(精油)として販売されていのもの大半は果皮だけを圧搾したものを用いています。小売価格はほとんど変わりませんが、グレープフルーツは精油の元となる芳香成分を溜めている油胞が果皮の深い部分にあるため、圧搾法で抽出する場合はオレンジやレモンに比べて採油率が低いそう。
アロマテラピーでも一般的に圧搾法の精油を取り入れているそうですが、光毒性を持つフロクマリン類(ベルガプテンなど)を取り除いたものがあります。こちら果肉と一緒に水蒸気蒸留法で抽出したもの・圧搾法の後脱フロクマリン処理が行われたものがあります。水蒸気蒸留されたグレープフルーツの精油は香りが劣るとする説もあるので、用途や香りの好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

基本データ

通称
グレープフルーツ(Grapefruit)
別名
学名
Citrus paradisi
科名/種類
ミカン科ミカン属/常緑高木
主産地
アメリカ(カリフォルニア、フロリダ)、ブラジル、イスラエル、アルゼンチン
抽出部位
果皮
抽出方法
圧搾法(※水蒸気蒸留法も有)
圧搾法のものは黄色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
中~やや強め
代表成分
リモネン、ミルセン、α-ピネン、サビネン、ネラール、ヌートカトン、フロクマリン類(ベルガプテンなど)
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア

グレープフルーツそのものに近い、爽やかで軽い香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・不安・神経疲労
  • イライラ・興奮・緊張
  • 抑うつ・気分の落ち込み
  • 女性特有の精神不調
  • 情緒不安定さが気になる
  • リフレッシュしたい時に
  • 前向きさになりたい時に

【肉体面】

  • 胃もたれ・二日酔い
  • 胸焼け・消化不良
  • 血行不良・冷え性
  • 肩こり・腰痛・疲労
  • むくみ・セルライト
  • ダイエット中の方に
  • 脂性肌・ニキビ肌のケア
  • 消臭剤の代わりに

Sponsored Link

グレープフルーツに期待される効果・効能

心への作用

グレープフルーツの精油成分は90~95%程度がモノテルペン炭化水素類の“リモネン”となっています。リモネンは鎮静作用をもちリラックスをサポートしてくれる成分と考えられていますし、神経を刺激することで頭をスッキリサせるリフレッシュ効果も期待されています。グレープフルーツ精油の爽やかな香りもリフレッシュしたい時にはぴったりでしょう。不安や緊張・動揺・イライラなど落ち着かなかったり気分にムラがある時に集中力や冷静さを取り戻すのにも役立ってくれるでしょう。あがりやすい方のお供に適しているとも言われています。

リラックスやリフレッシュをサポートしてくれることから、心のバランスを整えることにも繋がると考えられています。お日様を連想させるような明るく爽やかな香りは明るく前向きな気持ちを取り戻す手助けにも効果も期待されていますから、自己嫌悪や気分の落ち込み、女性であれば生理前・生理中・更年期・マタニティブルーなどの精神的に不調にも役立ってくれそうですね。

体への作用

グレープフルーツの香りの主成分であるリモネンは唾液分泌を促すことによる消化促進作用や、血行促進作用があると考えられています。そのほかグレープフルーツ全体としては胆汁分泌促進や肝臓・胆嚢の強壮作用があるとする説もあり、暴飲暴食による消化器の疲労や二日酔い軽減にも有効とされています。

また血液やリンパの流れを促進して老廃物や余分な水分を排泄する働きがあり、むくみやセルライト対策用としてもグレープフルーツは人気の高い精油です。スタイル面だけではなく血行不良による冷え・肩や腰のこりにも効果が期待できますし、血行促進や消化器官の活発化以外に緩下作用があるとする説もありますので便秘気味の方も取り入れてみると良いでしょう。精神面への作用と合わせてPMS(月経前症候群)対策や、ストレス性の頭痛などの緩和用としても用いられま

肥満予防・食欲抑制効果について

グレープフルーツは脂肪燃焼を促す・食欲を抑制するなど、ダイエットサポートに役立つ可能性があることが報告され話題になった果物でもあります。このうち食欲抑制作用はポリフェノールの一種である「ナリンギン」という成分によるものであるとされていますが、精油の成分分析表にはナリンギンは記載されていません。加えてグレープフルーツ精油の主成分である「リモネン」には食欲増進効果がありますから、グレープフルーツの香りを付けたダイエットグッズなども販売されていますが食欲抑制目的での使用はあまりおすすめできません。

ちなみに交感神経を活性化する事で脂肪燃焼を促進させる働きが報告されている“Nootkatone(ノートカトン/ヌートカトン)”も、精油にも微量は含まれていると言われています。また血液やリンバなど体液循環を促す働きが期待できる精油でもありますから、ヌートカトンの働きと合わせてダイエットサポートには有益であると考えられます。リモネンには食欲を促す働きがありますが、同時に鎮静作用もあるのでストレス性の食欲(イライラ食いなど)の軽減に繋がる可能性もあります。過信は禁物ですが「食欲を正常な状態にする」働きは期待できますから、香りを嗅ぐだけで痩せるとは考えずダイエットを手助けしてくれるかもしれない存在として取り入れてみてください。

その他作用

肌・頭皮への働きかけ

収斂作用や皮脂分泌抑制作用が期待できることから、脂性肌のケア、ニキビ・吹き出物予防などに用いられています。リンパや血液の循環を促進することからセルライトや妊娠線対策のマッサージオイルとしてもよく利用されていますし、血行を良くすることで皮膚の新陳代謝促進にも効果が期待できるでしょう。

またリモネンは脱毛の原因物質の一つとされる5αリダクターゼの抑制作用が報告されていますし、頭皮の血行促進も期待できることから抜け毛予防・育毛にも良いとされています。ただし光毒性を持つ成分を含むので、皮膚へ利用する場合は紫外線を避けるかFCF(フロクマリンフリー)のものを使うようにして下さい。

デオドラント用に

グレープフルーツの爽やかな香りには消臭作用・抗菌作用があり、体臭予防としても活用できます。夏場はアロマバスやフットバスとして利用するのもオススメですし、アロマディフューザーなどで拡散すれば空気浄化と共にお部屋の空気を爽やかな印象にしてくれるでしょう。

グレープフルーツの利用について

相性の良い香り

どのタイプの香りとも相性が良くブレンドしやすい精油ですが、特に柑橘系と樹木系の香りと相性が良いでしょう。レモンと同様にブレンドに加えることで香りに軽みを出してくれるので、ゼラニウムやジャスミンなどの甘さや重さが気になる際に加えてみるのもおすすめです。

【グレープフルーツのブレンド例】

グレープフルーツ精油の注意点

  • 通常の精油は若干の光毒性があります。皮膚につけたあとは紫外線や日光を避けるようにしましょう。
  • 高濃度で用いた場合は皮膚刺激があります。
  • 酸化しやすい精油ですので半年以内には使い切れる量を購入してください。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ