アンジェリカルート/アンジェリカシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

メンタルケアに役立つ“不安と力の精油”

アンジェリカ(angelica)

アンジェリカとは

アロマテラピーだけではなく、ハーブティーやチンキなどハーブ療法全般で取り入れられている存在。日本ではそこまでメジャーとは言えないハーブですが、ヨーロッパでは古くから利用され続けていた存在です。民間療法だけではなく、シャルトルーズやベネディクテンなどのリキュール類の香り付け・調理スパイスなど食品分野でも取り入れられていますし、安眠用のハーブピローなどにも利用されているそう。また日本ではフキを使っていますがケーキなどのトッピングに使われるクリスタルアンゼリカ(緑色のグミのようなもの)は、アンジェリカの堅い茎を砂糖で煮て乾燥させたものが原型とされています。元々は健康食材のようなものだったのかもしれませんね。

アンジェリカはヨーロッパでは歴史あるハーブの一つで、古くから悪魔を退ける香りを持つ聖なる草とも考えられていたそう。呼び名や属名のアンジェリカ(Angelica)は天使、種小名のarchangelicaは大天使ミカエルが語源で、共に“天使が秘めたる力を人間に教えてくれた”という伝説が由来とされています。かつては「精霊の根」や「天使の草」などとも呼ばれていたのだとか。
中世では“最も有用性が高いハーブ”に数えられており、16世紀に活躍した錬金術師・医学者のパラケルスも万能薬としてアンジェリカを評価していたそうです。17世紀にはイギリス王室のハーブリストにも加えられていますし、現在でも呼吸・循環・免疫系など様々な不調改善に取り入れられています。また精神面にも優れた働きかけを持つとして「不安と力の精油」とも呼ばれてます。

植物としてはセリ科に分類され、ハーブとしては中国医学(漢方)で生薬として利用されている「当帰(トウキ)」の近縁種として紹介されることもあります。日本では当帰の方が古くから定着していたためアンジェリカを西洋当帰・ヨーロッパ当帰とも呼んでいます。当帰と言えば冷えや女性特有の不調改善に取り入れられていますが、アンジェリカも同じく女性の体を整える働きが期待出来ることから“女性の為の朝鮮人参”とも呼ばれています。

より身近なアンジェリカの仲間としてはセロリが挙げられるでしょう。アンジェリカには根から採油されたルートオイル、種子を原料としたシードオイルの2つがありますが、アンジェリカシードの精油はセロリシードと近い香りと表現されることもあります。
香りとしてはシードのほうがハーバル調で親しみやすい印象がありますが、流通量が多く一般的に「アンジェリカ精油」として利用されているのはルートオイルの方になります。こちらは香りがベチパーなどに近い土を連想させる香りですが、どことなくムスク調の香りも含むため香水にムスク感を加える時などにも利用されています。単体で香りを嗅ぐと好き嫌いが分かれやすいですが、ブレンドしやすい精油ですので他の精油と組み合わせて利用してみると良いでしょう。

基本データ

通称
アンジェリカ(Angelica)
別名
アンゼリカ、西洋当帰(セイヨウトウキ)、Holy Spirit Root(ホーリースピリットルート/精霊の根)、Angel grass(エンジェルグラス/天使の草)
学名
Angelica archangelica
科名/種類
セリ科/多年草
主産地
フランス・ドイツ・ベルギー・オランダ
抽出部位
ルートオイル:根・根茎
シードオイル:種子
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡いクリーム色
粘性
低い
ノート
ルートオイル:ミドル~ベースノート
シードオイル:トップノート
香り度合い
ルートオイル:強め
シードオイル:中~強
代表成分(根)
ルートオイル:α-ピネン、1,8-シネオール、リモネン、α-テルピネオール、β-フィランドレン、δ-3-カレン
シードオイル:β-フェランドレン、β-ピネン、α-ピネン、α-フェランドレン、ミルセン、α-フュムレン
おすすめ
芳香浴・マッサージ・ヘアケア

ルートオイル:ビターでスパイシーな、土っぽい香り
シードオイル:微かに土っぽさを含むが、甘めのハーバル調

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • 神経過敏・情緒不安定
  • 不安感・憂鬱感(抑うつ)
  • イライラ・ショック
  • 心を強く持ちたい
  • 前向きさがほしい
  • 過去から抜け出したい
  • ストレス性の不眠

【肉体面】

  • 風邪・喉の不調に
  • 免疫力アップ・風邪予防
  • 消化不良・食欲不振
  • 腹部膨満感・便秘
  • 冷え・むくみ
  • 神経痛・関節痛
  • 月経痛・生理不順
  • 更年期障害・PMS
  • 妊活のサポートに
Sponsored Link

アンジェリカに期待される効果・効能

アンジェリカ精油はルートとシードの二つがあり、香り・成分ともに異なります。下記はルートオイルについての情報を元に作成していますが、作用についてはシード・ルートとも大きな違いはないと考えられているようです。

心への作用

アンジェリカの精油は「不安と力の精油」とも呼ばれており、不安定な気分を落ち着ける鎮静作用や精神安定作用が高く、心を穏やかにリラックスさせる働きが高いと考えられています。副交感神経を活発化することで自律神経のバランスを整える作用も期待されています。

アンジェリカ精油はストレスや神経疲労・頑張り過ぎで参ってしまった状態からの回復促進、ストレスへの耐性やメンタル面での打たれ強さが欲しい場合などに活用されています。気持ちを落ち着ける働きもありますから、イライラや過興奮・ショック状態などの緩和にも効果が期待できるでしょう。
またアンジェリカは少量で刺激作用・量が増えると鎮静作用をもたらすという説もあります。このため憂鬱感から抜け出せない時・不安感に苛まれている時に、心を落ち着けると共に前向きさ・やる気を蘇らせるサポートも期待できるでしょう。不安と力の“力”の部分と言えますね。

アンジェリカは真面目すぎる人や正義感が強い人、理想が高い人などにも向いている精油とも言われています。そのほか過去の嫌な思い出の影響を最小限に抑えるとも言われていますので、トラウマを思い出しては気分が憂鬱になるような方にも適しているでしょう。アンジェリカ自体に催眠作用などはありませんが、眠れない夜に不安や過去が取り留めなく浮かんでくるような場合のサポートにも役立ってくれそうですね。

体への作用

かつて万能薬として利用されていたように、アンジェリカの精油は呼吸器・消化器・循環器・免疫系と広い範囲で役立つ精油・体全体の強壮効果がある精油と考えられています。呼吸器・免疫系に関しては抗菌・抗ウイルス・抗アレルギー作用に加え、去痰や鎮咳にも役立つと考えられているため、風邪やアレルギー性鼻炎などの症状にも有効と考えられています。

自律神経のバランスを整えることで、血行を整える・消化機能を高める働きも期待されています。胃腸機能向上が期待できるため消化不良・腹部膨満感(鼓腸)・便秘などに良いと言われていますし、精神面への働きかけと合わせて拒食症の改善サポートなどに取り入れられることもあるそうです。
そのほか発汗作用・加温作用・利尿作用があるとされていますから、女性の多くの不調の原因となる冷え性やむくみの改善としても役立ってくれるでしょう。冷えによって悪化する関節炎やリウマチなどの痛みの軽減にも期待できます。

女性の体への働きかけ

アンジェリカにはエストロゲンの分泌バランスを調整する作用があると考えられています。このためエストロゲン分泌低下によって起こる更年期障害の諸症状軽減をはじめ、PMS(月経前症候群)や月経不順など幅広い月経トラブルの改善に効果が期待されています。精神安定にも役立つと考えられますから、更年期障害やPMSによる精神的不快感の軽減にも効果が期待できるでしょう。

そのほか催淫作用(性欲を高める働き)がある精油という説もあり、男女ともに不妊改善サポートととしても期待されています。催淫作用や不妊改善については微妙なところですが、精神面への働きかけや体全体を整える働きがあると考えられていますから、夜の香りとして取り入れてみても良いでしょう。

その他作用

肌への働きかけ

皮膚刺激性・光毒性があることから、あまりアンジェリカ精油の皮膚利用はされていません。作用としては代謝促進作用があると考えられており、肌の再生促進・くすみをなくして透明感を与えると言われています。ただし刺激性などの問題からスキンケアに利用するのではなく、血液循環を促すことで冷え性やむくみケア、関節痛や神経痛の軽減など、ボディマッサージ用としての利用がおすすめです。

アンジェリカ・ルートの利用について

相性の良い香り

柑橘系・ウッディー系の香りと相性が良いとされています。甘い香りやアロマっぽ香りが苦手な方は柑橘系のオイルとのブレンドがオススメです。

【アンジェリカのブレンド例】

アンジェリカ・ルートの注意点

  • 妊娠中の方・授乳中の方は使用を避けてください。
  • 皮膚刺激が強いため肌の弱い人は使用する際に注意しましょう。
  • 光毒性があるため肌につけた後紫外線に当たらないようにしてください。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ